ローンによって違う?金利のパーセンテージ

ローンは銀行や消費者金融で取り扱っていますが、ローンの金利は、それぞれの会社によってまちまちとなっています。ローンを利用する場合は、金利の低い会社を利用することで、利息の支払額を節約できます。各社のローン金利についてまとめました。
(利率、利用限度額等の数値は、2015年10月1日現在)

I0000392

主な銀行系カードローンの金利一覧

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

金利 年4.6%~年14.6% 最高500万円までご融資 最短30分で審査回答

三菱東京UFJ銀行のカードローンは最大で年14.6%です。テレビ窓口の利用で、最短40分でカードローンが利用できます。

三井住友銀行カードローン

金利 年4.0~14.5% 契約極度額最高800万円 最短30分審査 カード即日発行も可能

三井住友銀行のカードローンは、最大で年14.5%です。即日のカード発行も可能ですが、カードは三井住友銀行のローン契約機で受け取る必要があります。

みずほ銀行カードローン

便利なカードローン みずほ銀行カードローン 金利 年4.0%~14.0% 最大限度額1000万円。

みずほ銀行カードローンは、最大で年14.0%です。最大限度額は1000万円となっています。また、みずほダイレクトを利用している場合、みずほ銀行の通帳を用意できる場合は、利用限度額が200万円以下の場合、原則として書類の提出は不要です。

住友SBIネット銀行カードローン Mr.カードローン

年利は年1.99%~7.99%(プレミアムコース)。店舗を持たないネット銀行だからこそ実現できる安心の金利です。(2015年10月1日現在)

住友SBIネット銀行は、審査結果によってプレミアムコースが利用できます。プレミアムコースは最大で年7.99%、最大限度額は1000万円です。なお、スタンダードコースの場合は、最大で年14.79%、最大限度額は300万円です。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)

金利は年4.9%~14.5%に。楽天銀行は低金利を追求します。

楽天銀行のカードローン、スーパーローンは、最大で年14.5%となっています。最大限度額は500万円です。また、限度額が300万円までの場合は収入証明書の提出が原則として不要です。

オリックス銀行カードローン

金利は、業界最低水準の年利3.0%~17.8% ご利用限度額は最高800万円 業界最低水準の月々7,000円からのご返済 ※借入残高30万円以下の場合

オリックス銀行のカードローンは、最大年17.8%です。借入残高が30万円以下の場合、月々7000円から返済ができます。

主な消費者金融の金利一覧

プロミス

借入年率 4.5%~17.8%(実質年率)※新規契約の方が対象となります

プロミスは最大で年17.8%です。利息は日数計算なので、給料日前の数日前に利用すれば利息は少額に抑えられます。最大の融資額は500万円です。

アコム カードローン

ご融資額最高500万円まで 貸付利率(実質年率)4.7%~18.0%

アコムは最大で年18.0%、最大の融資額は500万円までです。初めての利用であれば、契約日の翌日から30日間は金利が0円です。

アイフル

ご来店不要で、ネットで契約! 申込当日にご融資可能です 実質年利 4.5%~18.0%。最高融資限度額500万円まで

アイフルは最大で年18.0%、最大で500万円までの融資が可能です。アイフルでは、ホームページ上で融資が可能かどうかがすぐわかる「一秒診断」ができます。ただし、簡易的な結果のため、実際の審査では希望に添えない場合があります。

モビット

2015年9月28日(月)より、モビットカードの限度額と金利(実質年率)が新しくなりました。限度額:変更前500万円まで、変更後800万円まで 金利(実質年率):変更前4.8%~18.0%、変更後3.0%~18.0%

モビットは、最大で年18.0%です。最大融資額は2015年9月28日より800万円に引き上げられ、利率も最低で年3.0%に引き下げられました。

銀行系カードローンは利率が低めに設定

最大金利は消費者金融の場合、年18.0%が多いですが、銀行系のカードローンは最大でも年14%台に抑えられています。金利面では銀行系が有利ですが、消費者金融は、借りた翌日に返済できるため、給料日前でお金が足りないときに便利です。計画的に利用しましょう。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR