お金を借りるために必要なことは?

急に出費が発生したときは、場合によってはお金を借りなければならない場合もあります。しかし、カードローンや消費者金融からお金を借りる場合は、事前に書類を準備しておく必要があります。また、お金を借りるにあたっては心構えも大切です。お金を借りるにあたって必要なことについてまとめました。

お金を借りる前に準備する内容まとめ

借りる目的を明確にする

まずは借りる用途を明確にしてください。基本的に消費者金融や銀行のフリーローンの使用用途にルールはないため、用途を明確にする義務はありませんが、管理人としては借りる金額を決めるのに重要だと考えています。

何のためにお金を借りるのか、必要な金額はいくらか、という点を明確にしておく必要があります。お金を借りる額は予定額より若干余裕があった方が良いですが、目的もなく、ただなんとなくお金を借りてしまうと、なんとなくお金を使ってしまい、返済が大変になります。

どこから借りるか決める

一昔前はカードローンと言えばアコムなどの消費者金融会社のイメージでしたが、現在は銀行もカードローンのサービスを提供しています。消費者金融と銀行のカードローンでは審査の厳しさ、極度額、金利、サービスが異なりそれぞれ一長一短があります。

消費者金融は、企業によって金利もまちまちとなっています。借入額や借入期間によって金利は異なってきますが、利率の低い会社から借りるのが得となります。

返済のシミュレーションをする

消費者金融(消費者ローン)などからお金を借りると決めたら、返済していくことを具体的にイメージしていくことが大切です。どれくらいの期間、いくらずつ返済していくのか、実際の収入からその返済が可能なのか、返済し続けることができるのか、などと考える必要があります。

お金を借りるときはいろいろと知恵を絞りますが、お金を返すことに対してもいろいろと知恵を絞らなければなりません。返済の計画を立てておくことで、早めの返済が可能となります。

総量規制を考えておく

2010年に総量規制という法律が施行されてから、個人向け貸付は年収1/3までという制限が設けられました。つまり、他社で高額融資をうけているという場合は、借りる金額が年収に対して1/3の額に達してないか確認しておかなければなりません。1/3の額というは借入の総額です。

年収300万円の場合は100万円が上限になりますから、A社で50万、B社で50万、C社で50万、D社で50万借入があれば、新たな借り入れはできないということです。

2010年より、個人向けの貸付は年収の1/3までとなりました。年収の1/3を超えると、借り入れができないので注意が必要です。ただし、住宅ローンやマイカーローンなど、担保のある借り入れは総量規制の対象外です。

本人確認書類を準備

一般的には運転免許証と健康保険証を使う方が多いですし、どちらも手元にあるものなので、用意するのは簡単です。なお金融機関によっては、免許証だけでなく、同時に健康保険証も求められる場合があります。またいずれも、写しで良いことになっています。

ローンの申し込みにおいては本人確認が必要です。運転免許証や保険証が一般的ですが、その他の本人確認書類としては、パスポートや住民票などがあります。

収入証明書を準備

収入証明書とは、給与支払明細書、源泉徴収票、課税証明書などのことです。少額の借入であれば、収入証明書が不要な場合もありますが、高額の借入を希望する場合は準備する必要があります。

ローンを申し込む場合には、借入金額によっては収入証明書が必要となる場合があります。給与明細書でも受け付けられますが、源泉徴収票があれば1年間の所得がわかるため、源泉徴収票があると便利です。

お金を借りるときは計画的に

カードローンや消費者金融からお金を借りる場合は、本人確認書類のほか、借りる金額によっては所得証明書も必要となります。お金を借りるにあたって大切なことは、何のためにお金を借りて、どのように返済していくかを考えることが大切です。お金を借りるときは計画性が重要といえます。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR