お金を借りることが出来る機関は?

PR
PR

急な出費となった場合、どこから借りれば良い?

お金の持ち合わせが少ないのに、急な出費となった場合、どこから借りればいいのか見当がつかない場合があります。お金はどこから借りれば良いのでしょうか?お金を借りることができる機関についてまとめました。

I0000390

お金を借りることができる機関まとめ

銀行

銀行からお金を借りようと思うと大きく分けて2つに分かれます。(大口の住宅ローンやマイカーローンを除く)ひとつは目的に応じた目的別ローンもう一つは使い道自由のカードローンです。 しかし最近ではカードローンが普及して目的ローンの利用頻度はかなり減ってきています。目的ローンはカードローンと比べるとかなりデメリットも多いためカードローンをおすすめします。

銀行は、多くのローンを取り扱っています。住宅ローンやマイカーローンはもちろんのこと、使い道が自由なカードローンも取り扱っています。ただし、銀行からの借り入れは、敷居が高いことがネックとなっており、条件次第では借りられない場合もあります。

国民生活金融公庫

国民生活金融公庫とは、100%政府出資の政府系金融機関で、特徴として金利の低さと返済期間が長いことが挙げられます。政府系金融機関は、国が、その政策目的を達成するために設立・運営している金融機関ですので、営利が目的ではありません。

事業運営のための資金はもちろん、新規開業時も融資してくれますし、100万円程度の小口資金を貸してくれる、 最も庶民的な金融機関です。初めてお金を借りる人が窓口を訪れても、親切に対応してくれます。

国民生活金融公庫は政府系の金融機関です。営利が目的ではないことから利率も低いのが特徴です。新規で事業を立ち上げる場合、銀行だと融資されないケースが多いですが、国民生活金融公庫の場合は、初めての場合でも、新規で融資するケースが多いです。ただし、事業資金を借り入れる場合は、事業計画書をしっかりと書く必要があります。

消費者金融

消費者金融の最大の特徴は、個人に対して無担保で貸し付ける、借りやすい金融機関であるということです。また、融資までのスピードも、銀行よりかなり早いのも特徴です。当然貸し付けの際には審査が必要ですが、審査基準は銀行の融資と比較すると、かなり甘く設定されています。

消費者金融は、銀行に比べると利率が高くなっていますが、審査は銀行よりも通りやすく、また、融資も即日可能であることが多いことから、借りやすさがメリットとなっています。

ヤミ金融

ヤミ金融業者は、ダイレクトメールや電話でやさしく勧誘してきますが、一旦借りる と法外な利息を請求し、脅迫的な取立てを行う悪質な無登録業者です。勧誘を受けたり、借りてしまった場合でも警察署、交番、駐在所又は、警察安全相談へご相談ください。

銀行や消費者金融からも借りられず、やむを得ずヤミ金融から借りるケースも見られますが、利息が法外で、取り立ても脅迫的です。ヤミ金融から借りると、借金から抜け出せなくなる確率が非常に高くなってしまいます。

総合支援資金

「総合支援資金」は、失業などによって生活に困窮している人が、生活を立て直し、経済的な自立を図れるようにするために、社会福祉協議会とハローワークなどによる支援を受けながら、社会福祉協議会から、生活支援費や住宅入居費、一時生活再建費などの貸付けを受けられる貸付制度です。

失業で生活が困窮した場合でも、生活を立て直すための制度として「総合支援資金」があります。月20万円までの貸付が最長で12ヵ月間行われます。利率は年率1.5%ですが、連帯保証人がいる場合は無利子となります。ただし条件がいくつかあり、住居がある、または住居の確保が見込めること、ハローワークで求職活動を行っていることなどがあります

中には銀行よりも利率が低い融資も

急な出費でお金を借りる場合は、銀行や消費者金融で借りるケースが多いのではないでしょうか。しかし、それ以外にも、銀行よりも利率が低い国民生活金融公庫や、生活に困った場合、総合支援資金もあります。調べてみることで、条件の良い融資を見つけることができます。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR