損・失敗をする前に見ておきたいブログ一覧

投資における損失の経験談はブログで読める

株やFXは儲かるときは大きく儲けられる、という表現を見かけますが、その反面、大きな損失を出している人も大勢います。中には、大損の様子をブログに書いている人もいます。損失を出す前に読んでおきたいブログについてまとめました。

9897f148960f797f2da80b392e006bec

投資で損失した様子を書いているブログ一覧

サブプライム問題でポンドが急落

500万円をFXに投入しました。もちろん、男ならポン円(ポンド円)です。何しろ高金利通貨の代表です。証拠金は7万円だったので、7万円預ければ1日250円。500万円だから、何もしなくても、1日15000円以上も入ってくるのです。それに、みんなまだまだ円安は続くので、スワップで遊んで暮らせるといってました。

しかし、サブプライム問題で市場は動揺。8月半ばに1ポンド=250円があっというまに220円まで急落してしまいました。まさにマネーの終戦です。300万円がぱあ。呆然としていましたが、まだ200万円残っています。それをかきあつめて翌年の春に反攻に乗り出します。しかし、あっけなく瓦解し、残りの資金も尽きてしまいました。

2007年は円安傾向が続いており、イギリスの通貨ポンドを買っておけばスワップで遊んで暮らせる、と思っていた矢先に、サブプライム問題で市場が動揺します。あっという間に300万円がパーになってしまいました。

スイスフランショック時、逆指値注文が取り消しに

筆者は、スイスショックで1.19599の逆指値注文が何故か取り消され、ロスカットが数分遅延するという2つの被害に合い1.1512でロスカット、 800万円弱の損切り予定が7000万円以上の大損になり現在ライブラスター証券FXと係争中である。

スベリ(スリップページ)も酷いが、逆指値を取り消し、ロスカットさせないようにするという何とも極悪過ぎる対応である。

ブログの管理人は、逆指値注文でロスカットをする予定でしたが、なぜかロスカットが取り消されており、7000万円以上の大損が発生しました。ロスカットができなくなる仕組みは、あってはならないことといえるでしょう。

原油の全ポジションが強制ロスカット

全損! 全ポジション強制ロスカット -5,631,359円

FX初年度に全滅した時のことを思い出しました。どうしようもない落胆と後悔とともに、すごくホッとするんですよね。あの安堵感をまた味わうハメになるとは。そしてまたロスカットが底値 WTI原油 75.9~76.2 で狩られてます。

原油価格の下落により、全ポジションがロスカットされ、約560万円の損失が発生しました。ブログの管理人は、原油の損失以外にもブラジルの通貨レアルでも損失を出しており、ダブルパンチを食らった格好です。

懲りずにスワップポジションを構築

スワップ金利で不労所得を得ようとスワップ派に転向し、豪ドル、トルコリラ、南アフリカランド、アイスランドクローナのロングポジションを構築してきた所、サブプライムローン問題が明るみになり強制ロスカットを喰らいました。

懲りずにスワップ派で、再度ポジジションを構築したところ今度はリーマンショックで強制ロスカットを喰らいました。またまた懲りずに高金利通貨でスワップポジションを構築しましたが、アイスランドショックから3度目の強制ロスカットをくらいました。今までFXだけでは150万円ロスしました。株でも150万円のロスをしました。

スワップ金利で不労所得を得ようとしますが、強制ロスカットが発生します。しかし、それでも懲りずにスワップポジションを構築したため、さらに損失が発生してしまいます。

株とFX、合わせて損失約1000万円

ハイ ハイ ハイ。実は~損失1000万ぐらいになりましたぁ。って、どんぶり勘定なので定かではないけど、こんくらいあるって・・。もう計算するのが嫌なのだぁぁ。

は~~~。でもね振り返ってみると あたい、こんなに金持ちだったんだって思うよっ!なのに なのに なのにぃぃぃぃ。

株とFX合わせて1000万円の損失を出してしまっています。それでも、あきらめてはいないようです。

大きな勝負が裏目に

その頃に、FX投資を知る。この頃のレバレッジは、300倍とか普通に有った。これなら、直ぐに100万取り返せると思った。やってみたら、直ぐに1万円利益が出た。これならいける!と大きな勝負に出た。今思うと、この時の思考は、もう完全なギャンブル状態になっていた。

一夜にして、100万の損失出しました。朝、パソコン見たら、失神寸前。変な汗がいっぱいでました。

株の損失を取り戻そうとFXを始めますが、一夜にして100万円の損失が発生してしまいます。管理人は、さすがにそこで目が覚めたようで、IPO投資に徹することとなりました。

資産が1000万円を超えるも、損が広がり退職金が溶ける

2013年4月に50万円の資金でスタート。でも50万円じゃあまり増えないのでイッキに700万円に増やしてガンホーやコロプラ、ユーグレナを買いました。するとあっという間に資産が1000万円に到達!

でも、そのあとは坂を転がるように損を出し続けて退職金が溶けてしまいました。その後も負け続けていて、相場からも人生からも退場寸前になっています。そんな私の魂の最後の記録ブログです。

50万円で投資を始めるも、利益が出ないことから投資資金を700万円に増やします。その後は資産が1000万円を超えますが、それ以降は損失を出し続け、退職金が溶けてしまうハメになってしまいます。

FXで生活しようとするも、結局120万円の損失

人と付き合うのが苦痛な性格なのと、年取ったときに今みたいな不況が来るとどうしようもなくなるので、ここはFXで生活できれば解決だなと、半年ほどモニターとにらめっこして半引きこもりの生活をしていた。結果はトータルで-128万5430円。働いてないし貯金がやばくなったのでFXでの生活は一旦諦めることにした。

ブログの管理人は、FXで生活することを試みますが、結局120万円もの損失を出すこととなります。貯金が底をつきそうになるため、FXを一旦あきらめています。

含み損がどんどん拡大

含み損20万円。そこで損切れば良かったのでしょうが、いままで損切せずに利益を上げてきたので、その時点では、損切することが出来なかった。いつかは戻るだろうから待っていようと、20万円が30万円にそうしているうちに50万円に。だんだん辛くなってきたけど、いつかは戻るから我慢、我慢と。

チャートを見るのも嫌になって3日に一度ぐらいしか見ない日も続きました。その間、旅行にも行ってました。何度見ても、含み損は50万以下になる事は無かった。エントリーしてから約一ヶ月含み損は100万にまで膨れてました。

ビギナーズラックで稼げたために、FXの取引単位をどんどん増やしますが、それが裏目に出て、エントリーしてから含み損は100万にまで膨らんでしまいました。

失敗経験を生かせず、80万円のマイナスに。

マーケットでどんなことが起こっているのかも正確に把握できないのに、何を根拠に反発すると思ったのか。私は過去2回大損した時と何も変わっていない。成長どころかむしろ後退していた。そして、この劇的な円高により、3度のマージンコールに生活資金を削っては合計37万円の追証を差し入れ、最後に耐え切れず、強制決済。

マイナス80万円。すべて失った。人生最悪の出来事だった。恥ずかしい話だが、本当に泣いた。もう久しぶりに号泣した。自分のふがいなさに、ここまで泣いたのは初めてだ。ただ、同時にくやしくて仕方がなかった。猛烈にくやしかった。

ブログの管理人は、過去何度か損失を出しているようですが、損失を取り返そうと躍起になったのが裏目に出て、全てを失うことになってしまいます。

冷静さを失うと、さらなる損失が発生することに

損失を出した人の中には、証券会社のシステムの問題により損失を出した人もいますが、多くは、冷静さを失って損失を拡大させているケースといえます。「まだまだ儲けたい!」と思っているときほど、損失を出してしまうケースが多いようです。投資においては、平常心が大切なのかもしれません。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR