生活場面でよく利用される経済用語一覧

経済用語は、毎日の生活でも使っている

経済用語は、日常的に使用される経済用語から、専門的な経済用語まで多岐にわたります。毎日の生活でも経済の用語を使っていますが、生活場面でよく利用される経済用語についてまとめました。

535d0881c0673f493eaf2d385333c577

生活場面で利用される経済用語一覧

景気

景気とは、経済活動の勢いのことです。

モノがよく売れて企業の利益が上がり、個人の所得が増えるよい状態を好景気とか好況といいます。世の中の金まわりがよく、経済活動が活発な状態です。逆に、モノの売れ行きが悪く企業の利益が減少し、個人の所得が減る悪い状態を不景気とか不況といいます。世の中の金まわりが悪く、経済活動が不活発な状態です。

毎日の生活で「景気」という言葉を使いますが、景気とは、一言で言えば経済活動の勢いといえます。経済活動が活発か不活発かで、好景気と不景気が決まります。

インフレ

インフレというのは、簡単に言えば物やサービスの値段が上がっていくことで、省略しないで言うと「インフレーション」です。

「インフレ」も良く聞く言葉ですが、ものの値段が上がっていくことがインフレです。物価の上昇は良くないイメージがありますが、2~3%程度の低いインフレは、景気が良くなっている状態であることが多いです。

デフレ

デフレーションとは、経済全体の財やサービスの価格(物価)が継続的に下落する現象で、貨幣価値の上昇を意味します。

デフレの正式な呼び方は「デフレーション」です。消費者からすれば、物価の下落は歓迎ですが、企業など生産者からすればものが売れない状態であり、不景気の原因となります。

価格破壊

企業間の激しい競争による徹底したコストダウンの結果、ある製品の価格が急速に下落していく様子を意味する言葉。

複数の企業が参入するなど、市場において競合が発生している場合は、競争に勝つためにコストを下げることで製品の価格を下げていきます。こうして、価格が下落していく様子が「価格破壊」です。

有効求人倍率

有効求人倍率とは、有効求職者数に対する有効求人数の割合で、雇用動向を示す重要指標のひとつです。

厚生労働省が毎月発表している指数です。有効求人倍率が1を超えれば、人手が不足している状態を表し、1を下回れば求人が少ない状態を表します。

消費者物価指数

私たちは日常生活で様々な商品を購入していますが,個々の商品には価格があり,それぞれ高くなったり,安くなったりしています。これら商品の価格(消費者物価)の平均的な動きを測定したものが「消費者物価指数」です。

物価の変動を数値で表したものが「消費者物価指数」です。基準時の物価を100で表し、ある時点での物価を「105」や「97」などの指数で表したものです。100を超えれば物価上昇を表し、100を下回れば物価の下落を表します。

厚生年金

厚生年金とは、厚生年金保険法に基づき、主として日本の民間企業の労働者が加入する公的年金制度である。厚生年金は、基礎年金たる国民年金(1階部分)にさらに上乗せして支給される(2階部分)ものであり、その保険料の一部は、自動的に国民年金へ拠出されている。

年金は、国民年金が基礎となっていますが、基礎となる国民年金に上乗せして支給される年金が厚生年金です。会社に勤務すると、ほとんどの場合、厚生年金に加入することになります。

失業保険

失業保険とは「今まで働いていた人たちが自ら離職したり、解雇や倒産、定年などで職を失ったとき、新たな仕事が見つかるまでの間に支払われる給付金」のことです。

失業すると、新しい仕事が見つかるまで収入が途絶えてしまいますが、仕事を探している間の生活に困らないように支払われる給付金が「失業保険」です。再就職を希望する人は失業保険がもらえますが、再就職を希望しない場合や、就職せずに起業の準備をする場合は、失業保険はもらえません。

ふるさと納税

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。

人口の減少などで税収が伸び悩む自治体への対策として誕生した制度です。ふるさと納税を行うことで住民税が還付、控除されるほかに、納税をした自治体の特産品がもらえます。

ちょっとした経済用語は調べてみると面白い

経済用語といえば難しそうに感じがちです。しかし「景気」は良く耳にしますし、「厚生年金」などは、会社勤めをして入れば必ず耳にする用語です。このように、日常生活において、知らず知らずのうちに経済の用語を耳にし、また、利用しているものです。簡単そうで意味がよく分からない用語は、調べてみるのも良いでしょう。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR