これで景気が良くなる!経済が向上する要因一覧!!

日本では「失われた20年」と呼ばれ、バブル経済が崩壊して以降、景気の低迷が続いています。それでは、景気を良くするにはどのような要因があるでしょうか。景気の回復を願いながら、経済が向上する要因についてまとめました。

I0000367

経済が向上する要因一覧

減税の実施

サブプライムショック後の2008年12月にインド政府は財政出動と減税を柱とする経済対策を発表し、間接税率(日本の消費税に相当)を14%から10%に下げました。(08/12/08 日経)

結果、インドの経済はどうなったかというと、2007年9.2%から2008年に6.7%と推移していた実質GDP成長率は、減税後2009年に7.4%へと増え景気が回復したのです。

サブプライムショックに対応するため、インドは間接税の引き下げを行いましたが、それにより経済成長率は上昇する結果となりました。

利下げの実施

日銀の金利が下がれば、民間の銀行は日銀からお金を借りやすくなりますよね。すると、民間の銀行は一般市民にお金を貸しやすくなるわけです。そして、一般人がローンで家を買ったり、企業がお金のかかる設備投資などをしやすくなったりします。その結果、世の中のお金の回りが良くなる、という理屈です。

政策金利を下げることで経済を向上させることが可能です。金利が低ければお金を借りやすく、消費や投資が増加するためです。

公共事業の実施

日本は低い金利で国債を発行し、資金を調達できます。その調達したお金を公共事業などにまわすと、雇用が生まれたり、さらには消費が生まれ、次第に世の中のお金が回り出す、というカラクリです。

国債を発行して資金を調達し、その資金を公共事業に回すことで雇用の拡大を図る方法です。景気の刺激が期待できます。

インフラの整備

アジアにおけるさらなる成長を達成するためには、企業活動の基盤となる電力・物流網等の産業インフラの整備や、都市化を支える社会基盤インフラの整備が必要となる。

経済を向上させるためには、インフラの整備が欠かせません。インフラ整備を行うことで産業が活発となることから。経済の波及効果が高くなります。

規制緩和

規制緩和という言葉を聞いたことがありますか?規制緩和は経済構造改革を進める一つの有効な手段で、市場における様々な制限を取り除いたり、条件を緩(ゆる)めることにより、企業が自由な活動を行い易くしたり、新たな市場をつくることです。

一例としてあげられるのが電話会社です。かつては電電公社(現NTT)のみでしたが、規制緩和を行い、電話の市場に複数の企業が参入できるようになりました。競争原理が働くことで経済が向上します。

勤勉性

勤勉性が経済発展の原動力になった、或いは日本の経済発展の原因には日本人の勤勉性が深く関わっているという議論はよく聞く話だ。

経済発展の原動力は勤勉性であるといえます。懸命に働いて、良い製品やサービスを生み出すことで信頼が生まれ、売上が上がり、経済が上向く、という流れです。

技術革新

我が国の経済を活性化し、経済の自立的成長を遂げていくにあたって、技術力の強化とその事業化の促進による技術革新(イノベーション)は重要な役割を果たす。実際に、技術革新による経済成長への寄与を示す「全要素生産性(技術進歩)」に見られる通り、これまで我が国の技術力は、経済の発展を牽引してきた。

経済が向上する要因の一つに、技術革新があります。高い技術の製品を生み出すことで付加価値を高めることができるため、経済成長をけん引します。

需要に対応する新たな市場の育成

2013年度の「オタク」市場を分野別に見ると、アイドル市場は前年度比19.9%増の863億円、ボーカロイド市場は同19.2%増の87億円、トイガン(エアソフトガン及びモデルガン)市場は同23.1%増の80億円とおよそ2割程度拡大した。

一例として「オタク」市場をあげました。「オタク」の需要に応える形で市場が形成されましたが、分野別に見ると20%増の急成長をとげています。

潜在的な需要に応え続けることが大切

経済を向上させる要因としては、政府主導によるものがあります。例として、政策金利の調整や公共投資の実施がありますが、近年は効果が薄れつつあります。経済を向上させるためには、人々が必要としている製品やサービスを提供することが必須であり、技術革新で高付加価値の製品を提供し、潜在的な需要に応えることが求められます。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR