ミャンマー経済を知るのにオススメなサイト一覧

ミャンマーは、長く軍事政権が続いたことで、東南アジアの国々と比べると経済面では後れをとっている状況ですが、2011年の民政移管以降、急成長を遂げています。成長著しいミャンマーの経済を理解するためにオススメなサイトをまとめました。

I0000357

ミャンマーの経済に関するサイト一覧

外務省

外務大臣、外務副大臣、外務大臣政務官の外国訪問や会談などの外交活動について紹介しています。組織図、各局部の業務内容、幹部名簿、外交史料館、所在地・連絡先などの情報を入手できます。

外務省がミャンマーの政治、経済の概要についてまとめています。日本は、ミャンマーに対しての経済協力を行っていることがわかります。

世界経済のネタ帳

世界の経済・統計 情報サイト。世界200ヶ国の統計データをはじめ、グローバルな視点による多数のコンテンツを掲載。新しいニュースの見方を提案。

ミャンマーに関する経済データが掲載されています。経済成長率の伸びは著しく、近年は7~8%台となっています。

JETRO ミャンマー 経済動向

最低賃金策定に関わる国家委員会は8月28日、全国一律かつ全業種を対象とする最低賃金の日額を3,600チャット(約335円、1チャット=約0.093円)に決定する通達を発表し、9月1日から適用を開始した。

JETROがミャンマーの経済ニュースを掲載しています。ミャンマーの現在の経済状況を把握することができます。

ミャンマー株式ニュース

ミャンマー株、ミャンマー関連株に直結するニュースを配信しています。

ミャンマー株に関するニュースが掲載されていることから、ミャンマーの経済に関するニュースを読むことができるサイトです。

ミャンマーニュース

ミャンマーニュースはミャンマーに関する最新情報・ニュースに特化したニュースメディアです。ミャンマーの最新情報(経済・物価・ビザ・生活・治安・観光)を毎日お届けします。

ミャンマーに関するニュースが日本語で読めます。幅広いニュースを扱っており、経済に関するニュースも読むことができます。

日本とミャンマーの経済協力

新たな経済協力方針の下では、持続的発展に向けて、急速に進む同国の幅広い分野における改革努力を後押ししていくとし、国民の生活向上のための支援、経済・社会を支える人材の能力向上や制度の整備のための支援、持続的経済成長のために必要なインフラや制度の整備などの支援を重点分野としている。

2011年、ミャンマーでは民政移管が行われました。2012年には、日本はミャンマーに対する経済協力方針を変更し、ミャンマーの改革を後押しする方針としました。

海外直接投資が増加

ミャンマー国家計画・経済開発省のアウン・ナイン・ウー投資企業管理局長によりますと、2015年4~8月に承認した同国への海外直接投資(FDI)が18億ドル超となり、前年度(2013年3月まで)1年間の14億ドルを上回ったそうです。承認されたFDIのほとんどはアジア地域からのものだそうです。

ミャンマーへの直接投資は年々増加しています。ミャンマーの経済は、今後成長が見込めることから、各国はミャンマーへの投資を増やしています。

経済発展の好条件がそろう

低コストな賃金の他に、中国やインド等の大国ともアクセスが良く地政学的に重要な位置にある、6000万人の人口構成が若い、識字率が90%以上、勤勉な国民性、等の点も大きな魅力となっています。また、日本企業にとっては、他の多くのASEAN諸国と同様、親日の国民性も大きなアドバンテージになっています。

出典:突撃レポート!「アジア最後のフロンティア」ミャンマーの今とこれから | GARAGE LABO

ミャンマー経済は他の東南アジアの国々に比べ、後れをとっている状況ですが、勤勉な国民性で識字率が高いことなどが経済発展を後押ししており、急成長を遂げています。

経済成長率は8%台に

国際通貨基金(IMF)代表団が、6月17日~7月10日にミャンマーを訪問し、加盟国への経済状況の調査や政府への助言を行う「4条協議」を実施。それを受け、IMFは今月1日、ミャンマー経済政策の助言を発表し、2015年度(15年4月~16年3月)の経済成長率予想をなんと8.5%と盛り込みました!

ミャンマーの2014年度の経済成長率は7.6%でしたが、2015年度の経済成長率は8.5%と予測しています。急成長ぶりがうかがえます。

最後のフロンティア ミャンマー

「東南アジアの最西端に、人口5200万人を超える市場がある。今後、経済改革や民主化が進み、長期的に経済成長を遂げることは間違いないだろう。その巨大な可能性を秘めたミャンマーのマーケットに対し、まだ、十分な企業が進出していない。

ならば、競合他社よりも早い段階でミャンマー市場を開拓したい。その足掛かりとして、駐在員事務所や支店をつくりたい」と考えるのは当然であり、まさに「最後のフロンティア」といわれる所以で、毎日のようにその進出ぶりが新聞報道されている。

ミャンマーは「最後のフロンティア」と呼ばれています。今後経済成長が見込まれる国であるため、日本企業の進出も相次いでいます。

「最後のフロンティア」 ミャンマーに各国が注目

ミャンマーは「最後のフロンティア」と呼ばれており、各国がミャンマーへの投資を活発に行っています。人口は若年層が多くを占めることもありますが、識字率が高く、勤勉な国民性であることも、各国が注目する要因といえます。ミャンマーの今後の経済発展が期待されるところです。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR