アメリカ経済を知るのにオススメなサイト一覧

アメリカ経済は、世界の経済に大きな影響を与えます。アメリカ経済は回復基調、との見方が多いですが、実際のアメリカ経済はどのようになっているのでしょうか。アメリカ経済を理解するためのオススメサイトをまとめました。

I0000351

アメリカ経済に関するサイト一覧

外務省

外務大臣、外務副大臣、外務大臣政務官の外国訪問や会談などの外交活動について紹介しています。組織図、各局部の業務内容、幹部名簿、外交史料館、所在地・連絡先などの情報を入手できます。

外務省がアメリカに関する概要をまとめています。経済に関するデータや概要も掲載されています。

世界経済のネタ帳

世界の経済・統計 情報サイト。世界200ヶ国の統計データをはじめ、グローバルな視点による多数のコンテンツを掲載。新しいニュースの見方を提案。

アメリカに関する経済のデータが掲載されています。名目GDPは世界でトップとなっています。

CNN

CNN.co.jpはCNN.com日本語訳サイトです

出典:CNN.co.jp

アメリカのニュース専門放送局CNNが日本語でニュースを提供しています。最新のニュースを数多く読むことができます。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、米国版の記事から厳選した金融・経済の情報を、日本の編集チームが翻訳・編集。これまで英語でしか読むことができなかった分析記事や鋭い論説を日本語で、リアルタイムにお届けします。

ウォール・ストリート・ジャーナルの日本版です。米国版の記事を日本語で読むことができるので、経済に関する記事をくわしく読むことができます。

JETRO 米国 経済動向

8月の新車販売台数は、前年同月比0.5%減の157万7,407台となったが、年率換算台数は8月としては2003年以降最多の1,780万台となった。販売台数の減少は主にカレンダー要因とみられ、多くのメディアや関係者は今回の結果を好調と判断している。

JETROが、アメリカの経済に関するニュースを掲載しています。ニュース掲載の頻度は高く、充実の内容です。

アメリカの経済予測

2015年中頃の利上げ以降、米国景気は減速気味に推移する公算が大きい。もっとも、これまでの景気回復に伴い雇用情勢は着実に改善しており、賃金上昇率が緩やかに高まると予想される。

また株価も、景気の底堅さが確認されれば再び緩やかな上昇気流に乗ると考えられる。そのため、景気は緩やかな拡大基調を維持しよう。

2015年1月時点のアメリカ経済予測です。アメリカは利上げを実施する予定であるものの、景気の底堅さから景気の拡大を予測しています。

雇用は回復傾向

毎月、月初の金曜日に発表される米国の雇用統計をみると同国の雇用は大幅に改善しており、『リーマンショック』後の最悪の状況から比べて失業率5%台にまで回復しています。賃金の上昇はいまひとつですが、ようやく改善の兆しが見え始めており、主要先進国の中では最も良好だといえるでしょう。

2015年前半、アメリカの失業率は5%台に回復しました。雇用が改善し、景気の改善が見られます。

消費は拡大へ

モルガンスタンレーのエコノミスト、テッド・ウィーズマン氏は、「最近の強い消費傾向を見ると、上半期のガソリン価格下落で節約できたお金を人々が今になって使い始めていることが分かる。消費者の所得・借金・富などの状況は全般的にポジティブであり、消費はさらに強くなっていくだろう」と予測した。

出典:2015年下半期の米国経済見通し(在米ジャーナリスト 岩田太郎) | ZUU online

アメリカでは、消費が拡大傾向にあるため、景気拡大の要因となっています。2015年下半期の成長率は3%と予測するエコノミストが多いです。

貧富の差が非常に大きい

アメリカは経済的には世界トップではありますが、生活水準が全体的に平均して高い日本と違い、平均庶民層の他に、桁違いの富裕層と大きな貧困層が存在しています。

経済的に豊かな印象のアメリカ、実際は、貧富の差が非常に大きく、豊かな人はますます豊かに、貧しい人はますます貧しく、というのが現状です。

フードスタンプは利用増

最近の経済向上に伴い、総体的にはフード.スタンプの利用度は幾分低下していると言われているが、特に低所得で子供の多い家庭はまだ葛藤が続いている。2007年の大不況前より、子供のフード.スタンプの需要は伸びていて、2014年には 5人に1人の子供がフード.スタンプを利用している。

アメリカの景気は回復基調、との報道が多いですが、貧富の差は拡大の傾向にあり、低所得者向けの食料費補助政策である「フードスタンプ」の利用者は増加の傾向にあります。

貧富の差が激しいのがアメリカ経済の特徴

アメリカ経済は回復傾向、という記事が多く見られます。しかし、アメリカ経済の特徴としては、貧富の差が激しい、という側面も持ち合わせていることです。フードスタンプの利用者も増加中で、景気回復を実感できない人が多いのも現状といえます。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR