インドネシア経済を知るのにオススメなサイト一覧

東南アジアの国で南に位置するインドネシア。人口は約2億5000万人であり、経済成長率も高いことから、日本企業は有望な市場として多数進出しています。インドネシア経済をより理解するためにオススメとなるサイトをまとめました。

I0000348

インドネシアの経済に関するサイト一覧

外務省

外務大臣、外務副大臣、外務大臣政務官の外国訪問や会談などの外交活動について紹介しています。組織図、各局部の業務内容、幹部名簿、外交史料館、所在地・連絡先などの情報を入手できます。

外務省がインドネシアに関する政治、経済の概要を掲載しています。このページを読むことで、インドネシアの現状を把握できます。

世界経済のネタ帳

世界の経済・統計 情報サイト。世界200ヶ国の統計データをはじめ、グローバルな視点による多数のコンテンツを掲載。新しいニュースの見方を提案。

インドネシアは毎年高い経済成長をとげており、近年は5~6%の経済成長率を維持しています。人口も約2億5000万人であることから、有望な市場とみられています。

JETRO インドネシア 経済動向

インドネシア中央統計庁の発表(8月3日)によると、2015年7月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同月比7.26%で前月と同じ水準だった。食材価格や交通機関運賃の上昇が主な要因。前月比の上昇率は0.93%となり、前月の0.54%から上昇した。

JETROがインドネシアの経済ニュースをまとめています。インドネシアの経済の流れを理解することができます。

じゃかるた新聞

インドネシアが民主化時代を迎えて間もない1998年11月、じゃかるた新聞は誕生しました。エネルギーに満ちあふれたこの国とともに歩み続け、アジアの息吹を発信していきます。

インドネシアのニュースを日本語で読むことができます。インドネシアの政治、経済、一般ニュースなどを掲載していますが、ニュース記事の情報量は豊富であることが特長です。

一人当たりGDPは約3600ドル

インドネシアの一人当たりGDPですが、3,600ドルと日本の約10分の1の水準になっています。周辺国の中で考えると、タイ・マレーシアより若干落ちるが、フィリピン・ベトナムなどと比べるとかなり上というレベルです。

インドネシアの一人当たりGDPは、東南アジアではマレーシア、タイに次ぐ規模です。経済成長率が高いこともあり、今後の伸びが見込めます。

日系企業が多数進出

日系企業の進出は生活用品やアパレルなど自動車以外にも広がっている。日本貿易振興機構(ジェトロ)が企業を対象に調べた有望進出先のランキングでは、13年にインドや中国を抜いて1位となった。中国以外にも拠点を設ける「チャイナプラスワン」の投資先の一つとして、生産拠点の移転も進んでいる。

インドネシアは人口の増加が見込めることと、経済成長率の高さから有望な市場とみられており、日系企業が多数進出しています。

政策金利は7%台

インドネシア中央銀行は14日、月例理事会において政策金利を7.5%に据え置くことを決定した。政策金利は昨年12月から今年2月までは7.75%であったが、今年3月以降は7.5%に据え置かれている。

インドネシアの政策金利は7%台と高い水準となっています。インドネシアではインフレの傾向があることから、今年に入ってから政策金利を維持していますが、インフレが収まる場合は、政策金利が下がるとの見方があります。

ルピア安が進行

2億5000万人の巨大な人口を抱える内需大国のインドネシアで、通貨ルピア安の進行が家計支出や企業投資をむしばんでいる。

原材料を輸入に依存する商品が多く、物価の上昇で消費意欲が減退。在庫増や金利上昇に苦しむ企業は投資抑制やコスト削減に動いて、収入が伸び悩む労働者の消費がいっそう鈍る悪循環に陥っている。

出典:インドネシア、内需大国むしばむルピア安  :日本経済新聞

インドネシアでは、原材料を輸入に頼っていることから、ルピア安によって物価が上昇します。景気減速の要因となりかねません。

インドネシアの就活事情

インドネシアの若者にその就活事情を聞いてみると、口を揃えて答えるのが「人は増えても仕事は一向に増えない」とのこと。その他にも、以下のようなインドネシアの就活事情を物語る声が聞かれました。

「就職はインドネシアも甘くない。ただ、インドネシア人の多くはのんびりしているから、大学を卒業してから慌てて就活を始める」
「大学を卒業した人はまだしも、卒業していない人の就職はさらに厳しい」

「人が増えても仕事は増えない」という声がインドネシアでは聞かれます。インドネシアでは若年層の失業率の高さが問題となっています。

ジャカルタの大渋滞

とりわけ人口規模で他都市を圧倒するジャカルタのモータリゼーションの波はひどい交通渋滞を生み出し、生産性の低下や物流の遅れなどによる経済的損失は年間2000億円とも言われるほどだ。

経済発展により自動車の販売が伸びているにもかかわらず、道路網などインフラ整備が追い付いていないのが主因だ。ジャカルタ市民の保有する車両を道路に並べると、市内のすべての道路の長さと同じになると言う。

ジャカルタは人口の増加が続くものの、交通インフラの整備が追い付かず、激しい渋滞を引き起こしています。渋滞による経済損失は大きなものとなっています。

ルピア安が経済成長のネックに

インドネシアは、人口の増加が続くこと、また、経済成長率が高く、企業の進出にとってはメリットとなっています。しかし、インドネシアの通貨、ルピアが安くなる傾向にあり、経済成長率はやや低下するものとみられています。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR