マレーシア経済を知るのにオススメなサイト一覧

マレーシアは東南アジアの中では経済力が高い国です。外国人の不動産所有を認めていることから、不動産の投資先としても人気のある国です。それでは、マレーシアの経済の現状はどのようになっているのでしょうか。マレーシア経済に関するオススメのサイトをまとめました。

I0000347

マレーシアの経済に関するサイト一覧

外務省

外務大臣、外務副大臣、外務大臣政務官の外国訪問や会談などの外交活動について紹介しています。組織図、各局部の業務内容、幹部名簿、外交史料館、所在地・連絡先などの情報を入手できます。

外務省がマレーシアの概要について掲載しています。経済の基礎的なデータも掲載されており、経済の概要がわかります。

世界経済のネタ帳

世界の経済・統計 情報サイト。世界200ヶ国の統計データをはじめ、グローバルな視点による多数のコンテンツを掲載。新しいニュースの見方を提案。

マレーシアの経済データが掲載されています。一人当たりGDPは、東南アジアでは上位に位置します。

Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

Yahoo!ニュースがマレーシアのニュースをまとめています。記事の本数は豊富で、幅広いニュースが読めます。

マレーシアマガジン

マレーシアマガジンでは、出入国や通貨の事から、観光、ホテル、ショッピング、グルメ、ビューティ(美容)、学校まで、マレーシアのあらゆる情報を日々更新しております。

マレーシアマガジンのトップページには、「拾い読みニュース」として、最新のニュースが掲載されているほか、ニュースのページを開くと、最近のニュースが多数掲載されています。

マレーシアニュースナビ

社会・生活、三面、経済、政治・外交、文化・芸能、日本関係、統計、観光、ロングステイ、安全情報までマレーシア最新ニュース満載!

マレーシアのニュースが数多く掲載されています。1日4本程度ニュースを掲載しており、充実した内容です。

今後の経済発展が期待される

近年、5~6%の経済成長率を誇っており、外国人投資家の誘致も積極的に行われています。2020年までに先進国入りを果たすというスローガン(Vision 2020)を掲げ、国家としての目標を明確にもっているだけでなく、財政健全度も比較的良好であることから、今後の経済発展に大きく期待が寄せられています。

マレーシアは、2020年までに先進国入りを果たす目標を持っています。諸外国から見てもビジネスに適した環境であることから、経済の発展が期待できます。

2020年までに先進国の仲間入りへ

今後の展望はどうだろうか。その鍵を握るのはMSC計画だろう。1996年からはじまったこの計画はIT産業の育成を柱としているもので、2020年までに先進国の仲間入りをすることを目的に推進されている。

マレーシアでは、IT産業の育成を柱とする「MSC計画」が進められていますが、この計画が成功すれば、マレーシアはさらなる経済の発展が期待できます。

イスカンダル計画

マレーシア第二の都市ジョホールバルを中心とした周辺地区は、シンガポールとマレーシア両国の合同開発プロジェクト「イスカンダル計画(2006年~2025年)」が着々と進行していることで注目度が高いエリアと言える。

出典:https://familyoffice.estate/magazine/150603.html

シンガポールに面するマレーシア第二の都市、ジョホールバルは、シンガポールとの合同開発プロジェクト「イスカンダル計画」が進められています。シンガポールと隣接していることもあり、今後の発展が期待できます。

マレーシア不動産の状況

マレーシア不動産がブームだった時に、クアラルンプール、ジョホールバル、ペナンなどマレーシアの各地で外国人の不動産投資が人気がありました。当時は外国人がマレーシア国内に所有できる不動産の下限価格が1300万円から1400万円前後と比較的安価に認められていました。

しかし、2013年末頃より、州によっては2000万円、3000万円と外国人の購入額の加減が引き上げられていきました。

マレーシアは、周辺の国々と比較して人口が少ないことから、富裕層を呼び込むために外国人に不動産所有を認めています。しかし、マレーシアの人々が不動産を購入しにくい現状があることから、近年では外国人の不動産最低購入価格を値上げしています。

ECの活性化

マレーシアでは、”ネットショッピング”という方法論について「ネットでモノを買うなんて信じられない」といった意見が依然として強いのは確かです。いっぽう、若者を中心に、ネットショッピングは徐々に浸透しているのもまた事実。

ましてや、マレーシアでは誰もがスマートフォンを持ち、大容量のデータ通信を室内外で当たり前のように利用できるインフラがすでに整備されています。

出典:EC-PORT

ECとは、ネットを利用した商取引を表す言葉です。マレーシアでは、インターネットの普及率が高いこと、中間・富裕層の人口が多いことから、今後のEC利用が増加すると見込まれています。

マレーシアの今後の経済発展に期待

マレーシアは、ビジネスを行うのに最適な環境が整っているといえます。華僑系マレーシア人が多いこと、また、マレー語のみならず、英語や中国語が通じることなどが理由としてあげられます。また、2020年までに先進国の仲間入りを目標に掲げていることから、今後の経済発展が期待できる国です。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR