スペイン経済を知るのにオススメなサイト一覧

近年のスペイン経済は、スペイン危機や失業率の増加など、経済的に不安定な状態が続いていますが、最近ではスペインの景気回復のニュースも見られます。スペイン経済の現状を理解するためにオススメのサイトをまとめました。

I0000342

スペインの経済に関するサイト一覧

外務省

外務大臣、外務副大臣、外務大臣政務官の外国訪問や会談などの外交活動について紹介しています。組織図、各局部の業務内容、幹部名簿、外交史料館、所在地・連絡先などの情報を入手できます。

外務省がスペインに関する基礎的なデータを掲載しています。政治的な内容のほか、経済的な内容についても概要をおさえることができます。

世界経済のネタ帳

世界の経済・統計 情報サイト。世界200ヶ国の統計データをはじめ、グローバルな視点による多数のコンテンツを掲載。新しいニュースの見方を提案。

スペインに関する経済データが掲載されています。スペインは財政赤字が深刻化していますが、21世紀の初め頃は財政黒字となっており、経済は安定していました。

JETRO スペイン 経済動向

第2四半期の実質GDP成長率は前期比1.0%となり、前期から0.1ポイント上昇した。前年同期比でも3.1%と、好況期の水準に回復した。原油価格の下落やユーロ安、金融環境の好転を背景に、個人消費と民間投資に牽引された内需主導型の成長が続く。政府は中国経済減速の影響は「限定的」としている。

JETROがスペインの経済ニュースをまとめています。2015年の経済成長率は前年よりも上昇しており、景気は徐々に回復の傾向にあります。

スペインニュース・コム

現地のメディアよりスペインのニュースを毎日更新でお伝えします。土日、祝日はお休みです。

スペインのニュースが土日祝日を除く毎日、更新されています。1日2~3件程度のニュースが配信されており、スペインの最新情報を入手できます。

スペイン危機について

スペイン危機は、欧州債務危機の一つで、2012年にユーロ圏のスペインが直面した金融・財政危機のことをいいます。これは、財政を粉飾したギリシャ危機とは異なり、1990年代に日本が直面した不動産バブル崩壊による危機と似ています。

スペインはユーロ導入により好景気が続きましたが、2008年のリーマンショックと2010年代の欧州債務危機を引き金として、2012年、スペインは金融危機に見舞われました。

スペイン経済は回復基調へ

ユーロ圏の経済はようやく最悪期から脱して、回復過程にありますが、その中でもスペインがユーロ圏の経済回復をリードする国となっています。HSBCも、スペインの2015年の経済成長率を2.1%から2.7%に上方修正しました。

スペインでは2012年に労働市場の改革を行いましたが、改革により、失業率は大幅に低下しました。ただし、現時点でも周辺国と比較すると失業率は高い水準であるものの、改革が功を奏し、経済成長率は上昇傾向です。

2014年、7年ぶりの高成長に

2014年10月~12月のスペイン経済は前年同期比2.0%増と7年ぶりに高成長を記録した。一方1月のCPI(消費者物価指数)は原油安が響き、前年同月比1.5%低下。しかし、落ち込みの一因ともなった原油価格の下落は、減税的効果をもたらし、内需への追い風にもなっている。

スペインは2014年、7年ぶりの高成長を記録しました。EUの中で最も景気回復が進んでいる状況です。

若年層の失業率は50%に

スペインは2008年の世界的な金融恐慌により経済が悪化、それに伴って失業率も悪化し、現在深刻な状況におかれています。2014年度の失業率は約24%で、その中でも若年層(15~24歳)の失業率は50%を超えています。

出典:国際教養学部生22人/スペインのパブロ・デ・オラビデ大学に留学(3年・岩尾満帆さん) | 中京大学

スペインの失業率は2014年時点で24%となっていますが、若年層の失業率はさらに高く、50%を超える状況です。職をスペイン以外の国に求める若者も多く見られます。

景気回復するも社会危機の軽減には至らず

エコノミストやアナリストは、最近の回復は深刻な社会危機を軽減するにはほとんど効果がないと警告する。特に、急速に膨れ上がるスペインの長期失業者や、勤労所得が全くなく、いかなる形の政府支援に対する権利も持たない70万超の家計の運命に大きな懸念がある。

スペインの景気は回復傾向にあるとはいえ、国民の生活改善にはほど遠いといえます。長期の失業者が多く、所得が全くない家庭も多い状況です。

緊縮財政反対の政党を支持

スペインの失業率は、23%を超え高止まり。とりわけ若者は、半数が仕事に就けない深刻な状況です。鬱積する国民の不満の受け皿となっているのが、ギリシャと同様に急進的な左派政党です。「ポデモス」は、財政緊縮に反対。社会福祉の充実や減税などを訴え、急速に支持を集めています。

緊縮財政を実施するスペインでは、国民の不満は高まる傾向にありますが、その受け皿として緊縮財政に反対する政党に支持が集まっています。

景気回復するも失業率は高水準

スペインの経済は、経済成長率が上昇しており、EU内の国に先駆けて景気回復を実現しています。その反面、失業率が20%を超える高水準となっており、国民の生活が改善しているとは言いがたい状況です。そのため、緊縮財政に反対する政党の支持も見受けられます。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR