イタリア経済を知るのにオススメなサイト一覧

イタリアといえば、陽気な国民性のイメージがあります。それでは、イタリア経済はどのような状況となっているのでしょうか。経済事情を知るために、イタリア経済のオススメなサイトについてまとめました。

I0000338

イタリア経済に関するサイト一覧

外務省

外務大臣、外務副大臣、外務大臣政務官の外国訪問や会談などの外交活動について紹介しています。組織図、各局部の業務内容、幹部名簿、外交史料館、所在地・連絡先などの情報を入手できます。

外務省がイタリアに関する基礎データを掲載しています。経済的なデータのみならず、政治に関する内容も掲載しているので、イタリアの情勢をくわしく理解できます。

世界経済のネタ帳

世界の経済・統計 情報サイト。世界200ヶ国の統計データをはじめ、グローバルな視点による多数のコンテンツを掲載。新しいニュースの見方を提案。

イタリア経済に関する基礎データが掲載されています。名目GDPの額は世界の上位となっていますが、財政収支はマイナスとなっています。

Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

Yahoo!が提供するニュースです。イタリアに関するニュースがまとめられており、簡単にニュースを探し出すことができます。

イタリアの1人当たり平均預金額

2013年に1万人のイタリア人を対象として行った調査によると、1人当たりの平均預金額は7.843ユーロ(108万2334円に相当。1ユーロを138円として計算した場合。)

大多数である約58%の人の預金額は1000~5000ユーロとなりました。そして次に多い約18%の預金額はなんと1000ユーロ以下という、少々心配な結果が出ました。ちなみに5万ユーロ以上の預金がある人はたったの3%でした。

イタリアの1人当たり平均預金額は、日本円に直すと約100万円となります。イタリアの給与水準はEU内では高い方ではないほか、公共料金などの値上がりで支出に追われ、預金がままならないのが現状といえます。

労働市場は硬直的

イタリア・フランスの両国では依然、労働市場が硬直的で労働コストが高止まりしており、企業の収益性は低く投資意欲も低いため、競争力に欠け市場シェアが拡大しないという悪循環に陥っていることが指摘されている。

同時に、両国とも財政収支の悪化についてEU委員会から指摘を受けているため、今後財政支出の拡大による景気浮揚には限界がある。

2014年12月の欧州経済・金融リポートです。財政収支は悪化の傾向にありますが、企業の収益性が低いこと、競争力に欠けることから財政収支改善の道筋がつきにくいとの見方があります。2014年12月にはイタリア国債の格付けが引き下げられました。

脱税が目立つ

イタリアの財政危機の理由は、ルールを守らない国民性もあり、国益をゆるがしているのが、脱税です。税金を払わない人が多いのです。

行政のゆるい体質が指摘されています。例えばローマの中心街には、廃校になった高校があり、国は何年も、この建物をそのまま放置しています。すると、そこには勝手に住む住人が増え、市民権まで、得ようとしています。

イタリアは経済危機が懸念されていますが、国民性の問題もあり脱税が問題化しています。そのほかに、行政のゆるい体質が指摘されています。

長期の夏休みを取る人も減少

イタリアでは今でこそ経済状況の不安定さによって、数年前までのように夏の間は丸々一ヶ月夏休みを取る、という人たちも減ってきましたが、それでも、仕事でも学業でもどんな分野においても人間の動きというものは、この時期一気に緩む事は明らかです。

ヨーロッパでは、夏などに長期休暇を取得する場合もありますが、イタリアでは不景気によって、長期休暇を取得する人は少なくなってきています。

クリスマスプレゼントも難しい状況に

一番印象に残ったのはフィレンツェのガイドさんの言葉で、「最近のイタリア人はクリスマスのプレゼントもなかなかしなくなっている」というもの。むろん生活がタイトになってきているからだ。

出典:第129回「各国経済の強さと弱さ PART6(欧州編)」 | 金融そもそも講座 | man@bowまなぼう

イタリアでは生活がタイトになり、クリスマスプレゼントも難しいような状況となっているようです。イタリアは繊維や革製品、フェラーリなどの高級自動車ブランドもありますが、会社の規模が小さいことから、国内雇用をまかなうほどまでは至っていないのが現状です。

経済状況は好転へ

スペインはラホイ首相の下、改革が功を奏しつつあります。そしてイタリアもまた、経済状況は好転してきているのです。イタリアの経済成長率予測は、2015年は0.6%、2016年は1.4%に上方修正されました。イタリアの統計経済局は、2015年は失業率が低下しそうだとの見通しを発表しています。

イタリアは、かつて緊縮財政を実施していましたが、2013年に緊縮財政から転換しています。政治の安定化、政治改革の進展が功を奏したほか、ユーロ安、原油安が後押ししています。

経済成長率を引き上げへ

イタリアのパドアン経済・財務相は、2015年の同国国内総生産(GDP)伸び率予想を当初の0.7%から引き上げる可能性を示唆した。現地イル・メッサッジェーロ紙が報じた。労働市場の改善が背景だという。

パドアン経済・財務相は「数年間の予算案の中で(成長率の)見通しを更新することを検討している。予想を引き上げることになるだろう」と述べた。

イタリアでは労働市場が改善傾向にあり、経済成長率を0.7%から引き上げることを検討中です。

イタリア経済は改善の方向へ

イタリア経済は、かつて緊縮財政を行っていたこともあり、イタリア国民の生活は、厳しい状態が続いている現状があります。しかし、現在では緊縮財政を行っておらず、経済成長率の予測を引き上げるなど、経済は改善の兆しが見られます。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR