引越しした時の国民年金の手続き方法について

国民年金は、生涯関わる大事な制度です。だからこそ生活状況が変わったとしても届け出を出すことが必要な時もあります。

今回は、引越しした時の国民年金の手続き方法についてご紹介いたします。

*今回紹介するのは、第1号被保険者の場合です。第2号・第3号被保険者の人は、自分の勤務先もしくは配偶者の勤務先にて住所変更の手続きをして下さい。

PR
PR

国民年金の引越しの際の手続きについて

住民票の手続きをすることで、国民年金の手続きが不要の市町村もありますが、必要な市町村もあります。役所に行った時や事前に電話で確認しておくのもよいでしょう。

*年金受給者は住所変更が必要ですので、忘れずに手続きをしましょう。

■届ける人

国民年金加入者本人、もしくは代理人です。

■届ける場所

転入先の市町村役場です。

■届出期間

引越しをした日から14日以内です。

■手続きをする際に必要なもの

・国民年金手帳
・印鑑

*念の為、これまでに支払った年金の領収書を持参したり、どの位の期間払ったかを把握しておくと、よりスムーズに手続きができると思います。

*各市区町村によって必要なものが異なります。ですので、事前に担当部署に電話をして確認しておくことをおすすめします。

国民年金住所変更の流れについて

1.転入先の市町村役場に行きます。

2.国民年金課の窓口で申請すると必要書類が貰えるので、記入して捺印します。年金手帳を添付して提出します。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

国民年金の住所変更は、加入者の場合は不要な地域が多いです。

また手続きを忘れたとしても基礎年金番号というものがあるので、将来貰えないなどという問題には発展しないと思います。

ですが、きちんと手続きを踏むことによってスムーズに受給できると思います。
しっかりと確認することが大切です。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR