効果が凄い!地方キャラの経済効果一覧

地方キャラは、全国各地の地域をアピールするキャラクターです。なかには全国区となる地方キャラもいて、高い経済効果をもたらす場合もあります。地方キャラの経済効果についてまとめました。

I0000330

地方キャラに関するまとめ

地方キャラとは

ご当地キャラとは、主に地方をPRする目的で作られたキャラクターのことです。ご当地キャラのなかでも、その姿形のゆるさを売り物にした、いわゆる「ゆるキャラ」のブームがつづいています。

地方キャラとは「ご当地キャラ」とも呼ばれており、地域をPRするキャラクターです。また、「ゆるキャラ」といえば、企業や団体をPRするゆるいマスコットキャラクターのことですが、地方キャラも「ゆるキャラ」に含まれます。

地方キャラのメリット

テレビや雑誌へ取り上げられて全国的な人気がでれば、キャラクターを使用したグッズなどが人気を集め、そのキャラクター使用料が自治体の収入となります。地元企業がキャラクターを使ったパッケージなどで商品を売り出せば、民間企業の売上アップにも繋がります。

全国的な人気となれば、キャラクター使用料が入りますし、キャラクターを使用した商品を販売することで、地元の経済も潤います。

地方キャラで知名度アップ

「ゆるキャラにつられてその土地に興味を持ったことがありますか?」という質問を、全国の10代から60代の男女100人にアンケートで聞いてみたところ、28%の人が「ある」と回答。興味の内訳をみると、「名産品・特産品」と「その土地柄・名勝地」の2つに大別されています。

地方キャラの影響で「行ってみたい!」と思う人も多いようです。地方キャラ効果で観光客が増えれば観光収入も増え、経済効果が高くなります。

主な地域キャラ

くまもん

熊本県の発表では、2012年1~6月の関連グッズの売上高は118億円、2012年4月時点での経済効果は293億円までにのぼるとされている。

また、 293億円というのもブランド推進課によるアンケートに回答した55%の企業の売上を集計したもので、残り45%の企業の売上と、熊本県のPR効果も加味すると経済波及効果は1000億円ともいわれている。

キャラクターを商用として用いる場合は、原則として利用料が必要ですが、くまモンの場合は利用料がかかりません。熊本県は利用料ではなく、経済効果で稼ぎます。

「ひこにゃん」と「せんとくん」

滋賀県彦根市の「ひこにゃん」や、奈良県の「せんとくん」などメジャーなキャラクターになると、自治体の収入は年間1,000万円~3,000万円程にもなり、大きな収入源となっています。

「ひこにゃん」や「せんとくん」もメジャーな地域キャラです。キャラクター収入は年間1000万円から3000万円に達するとみられています。

ぐんまちゃん

群馬経済研究所の発表によると、「ゆるキャラグランプリ2014」で優勝した群馬県のご当地キャラクター「ぐんまちゃん」の関連商品の売上による県内への経済波及効果は、2014年度は19億円になる見込みだ。2013年度の14億円から35%増と大幅に増加したのは、グランプリの優勝による効果だという。

「ゆるキャラグランプリ2014」で優勝した「ぐんまちゃん」、グランプリ優勝のおかげで経済波及効果は大きく伸びました。しかし、群馬県は、経済波及効果の余地はまだある、との考えから人気の向上に努めます。

ふなっしー

今や海外にもファンの裾野を広げ、噂される“経済効果”は、2014年には「8千億円」とまで言われるほどハイパーに上昇中だ。奇跡はなぜ起こったのか。

「ご当地キャラというのは、たいていアテンドしてくれる人がいて、質問には代わりに答えてくれるもんなっしー。でも梨にはそんなアテンドはいないから、自分でしゃべるしかなかったなしな。

どうせテレビに出られるのは半年くらい。いい記念と思って、何でもやったなしな。ファンをもっと笑わせたいし、子どもたちをもっと喜ばせたいなっしー。ただそれだけ。どこのイベントでも呼ばれれば手弁当で行くなっし。学祭のノリなしなー。義務感はゼロ。趣味みたいなもんなっしー。そんな捨て身の勝利かもなっしな」

千葉県船橋市在住のデザイナーが考案したゆるキャラ「ふなっしー」、船橋市非公認の地方キャラではありますが、テレビでも人気であることから経済効果は8000億円ともいわれます。経済効果の高さの秘訣は、「ファンをもっと笑わせたいし、子どもたちをもっと喜ばせたいなっしー。ただそれだけ」という一言に尽きるといえます。

経済効果を高めるためには「利益を求めすぎない」?

地方キャラで経済効果を高めるためには、いろいろと戦略を練ることも大切ですが、「利益を求めすぎない」ことも重要な要素といえそうです。楽しく活動することによって、多くの人たちを引きつけ、知らず知らずのうちに経済効果が高まっていくようです。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR