経済用語でよく見るNI(国民所得)の説明と見るべき項目一覧

PR
PR

混乱しやすい経済用語

経済用語には似たようなものが多く、GDPやNDPと並んでNIもまた(国民所得)頭を混乱させる経済用語の一つです。

しかし、一度意味を理解してしまえばそれほど難しい言葉ではありません。

今回はGNP(国民総生産)やGNI(国民総所得)などの用語と共にNI(国民所得)について解説していきます。

I0000306

(画像はイメージです)

成長レベルを知るために

国民所得(こくみんしょとく、national income)とは、国民全体が得る所得の総額のこと。経済活動で生産された付加価値が配分されて個人や法人(経済主体)の所得となるから、これは付加価値の総額と捉えることができる。経済活動の規模を表す指標である。

GNP、NNP、NIなどの用語は国の豊かさを測るとき必要となる指数の種類ということです。

・国民総生産(GNP)・・1年間に国民が市場で取引される財やサービスの価値(付加価値)をどれだけ新しく作ったかを表した指標のこと=1年間に生産された財とサービスの総額から原材料(中間生産物)金額を差し引いた指標のこと

・国民総所得(GNI)・・GNPに海外からの所得を足した指標のこと

・国内総所得(GDI)・・個人の消費、企業の消費、政府の消費、輸出による消費を足して、輸入の消費を差し引いた指標のこと

・国民総支出(GNE)・・国民総生産を支出の面から見た指標のこと

・国内総支出(GDE)・・GNEから、海外から送られてきたお金を差し引いた指標のこと

・国民純生産(NNP)・・GNPから減価償却費を引いた指標のこと

・国内純生産(NDP)・・GDPから減価償却費を引いた指標のこと

・国民所得(NI)・・GNPから減価償却費を引いて、「間接税―補助金」を足した指標のこと=これは、狭義の付加価値でもある

国民所得は一般に労働者、株主、企業などの所得を合わせたものという認識をもっておけば問題ないようです。

国の経済力を考えたとき、一概に「日本人が働いて儲けた金額」といっても、そこに工場を修理した費用は含まれるのか、海外に住んでいる日本人の所得を含むのかといった細かい条件を加えた視点を持たせるために、たくさんの指標があります。

このような指標があることで、1年ごとの経済状況を比較したり、日本とは違う条件で経済指標を出している外国との比較がしやすくなります。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR