不動産投資をする上で参考になる金森重樹の書籍一覧

ビジネスプロデューサー、金森重樹氏。不動産投資家であるほか、不動産のコンサルタント業務をはじめ幅広い業務をこなします。金森氏の著書のタイトルを見ると、「億」を稼ぐ、というテーマが多くなっていますが、金森氏はどのような方法で稼ぐのでしょうか。金森重樹氏の著書と名言についてまとめました。

I0000302

金森重樹氏について

1970年生まれ。東大法学部卒。ビジネスプロデューサー。不動産投資顧問業・株式会社金森実業代表取締役。不動産投資ノウハウ、収益物件情報の提供から融資付け、賃貸募集の支援まで行う「通販大家さん」を運営し、メルマガ会員の億単位の資産形成をサポート。

金森氏は、自らが不動産投資を行いながら、不動産投資のコンサルティングや収益物件の提供、賃貸募集の支援などの業務を行うほかに、著書も出版しています。

金森重樹氏の著書まとめ

すべて実話です。人も物も金も揃った大企業が商売に勝つのはあたりまえ。人も設備もお金も無い中小企業であっても、情報をつかみ、スーパーテクニックを使ってエンジンを全開で吹かせば大企業に勝てる勝機があるんだよ!なんて成功ストーリーが一つぐらいあってもいいんじゃないかと僕は思います。

金・コネ・人脈がなくても、パソコン1台があれば多額の収入を得ることが可能、という一見不可能と思われることを、金森氏は実践し、著書に記しています。

マーケティング分野で、読者数日本一! 金・コネ・人脈ゼロから実践、成功した! 優良顧客のつかみ方、儲けの生み出し方。「行政書士」の資格を生かし、“金・コネ・人脈ゼロ”から開業、成功した! マーケティングのプロである著者が、1年で数千万円の稼ぎを可能にする実践ノウハウを、本書の中で徹底紹介!

金森氏は、脱サラしたあとに行政書士となりますが、年収300万円といわれる行政書士の業界で開業初月に月収100万円を稼ぎます。著書にはそのノウハウが凝縮されています。

この地獄から脱出する方法はないのか、どうすれば問題を解決できるのか?底なし沼の底で見つけた、起死回生の法則とは?今は借金を完済し、経営者となった著者が、借金の苦しみから得た気づきを基に、自らの体験を綴って示す奇跡の生還記!

金森氏は、「大きく稼ぐ」というイメージが先行しますが、大きく稼げるようになる前には、膨大な借金に苦しめられていた時代がありました。多額の借金を抱えていたからこそ、大きく稼げるようになったといえるでしょう。

インターネットマーケティングで1億稼ぎ、読者10万人のメルマガ「回天の力学」で著名な金森氏が、その鬼才を現物不動産投資に発揮。「利回りに目を奪われるな」「住宅ローンこそハイリスク」など、常識の逆を行く思想と手法で、専門的すぎる不動産投資本や個人的体験のみに依拠した「サラリーマン大家さん」本とは一線を画す快著に!

著者の経験を元に、10年で3億円の資産を築く方法や、1年で10億円つくる投資手法を著書において掲載しています。ただし、全力でリスクを負う覚悟が必要といえます。

金森氏の考え方や名言まとめ

資産が増えれば、借金は相対的に小さくなる

当時の貸元から言われた言葉が金森さんのマインドをガラッと変えました。

「資産規模が5億になったときの5000万は10%、50億円では1%。自分の殻を大きくすることで、資産規模を大きくすることで借金を相対的に小さくしていけばいずれ解消する」

もう稼がないとあとには戻れない状況の中で、ビジネスを成功させていきました。

借金は増えてしまうと手に負えなくなってしまうと考えがちですが、物は考えようで、資産の規模が増えれば、借金の金額は変わらなくても相対的には縮小していくのです。この考え方も金森氏が大きく稼ぐことになった原動力といえるでしょう。

度胸がないだけ

チャンスがなかったなんて言うなよ、度胸がなかったんだろ?

「チャンスがなかった」というのは言い訳であり、チャンスをモノにする度胸がなかっただけ、と金森氏は説きます。ハイリターンは、リスクを背負うからこそ得られるのです。

ハイリスクこそ、ハイリターン

リスクを負わない人間には、リターンを得る資格がないのです。

簡単にリターンが得られるものはそうそうあるものではなく、リターンが大きくなるほど、リスクも拡大していきます。そのリスクを背負えるかどうか、度胸が試されます。

あきらめるか、あきらめないかの違い

失敗と敗北とは違うのです。

敗北の元々の意味は、「失敗して逃げること」です。失敗は、まだまだやり直そうとする意思があるものの、敗北は、立ち直る気力がみられない、という意味合いがあります。失敗しても、へこたれる必要はありません。

多額の借金が稼ぐ原動力に

「億」を稼ぐ金森氏。その原点は、多額の借金を抱えたことにあるようです。借金を返すという強い思いで、ハイリスク、ハイリターン投資を実践し、稼ぎを一気に増やします。ハイリスクをとることは、難しいことではありますが、稼ごうとする気迫こそが、ハイリターン投資を可能にするのかもしれません。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR