不動産投資する上で参考になる書籍一覧

PR
PR

本を読むことで不動産投資をくわしく理解

不動産投資を始めるには、資金面などいろいろな壁があるように感じます。しかし、本を読むことで不動産投資に関する理解が深まり、不動産投資の壁が取り払われていくのではないでしょうか。不動産投資で参考になる書籍をまとめました。

I0000298

不動産投資の参考になる書籍一覧

「中古一棟買い」で入居率98%を実現する、不動産投資のプロが教える、失敗しないアパート経営。長期安定収入を得られる収益物件で資産形成するための入門書!

不動産投資は安い買い物ではないため、なかなか始めることができない、と考えがちですが、入居率を高めるための具体的な方法が記載されているので、初めて不動産投資をする人は参考となる本です。

これ1冊あれば、ゼロから始めることでき、一生お金に困らない不動産投資術のコツが理解できます。わかりやすい解説はもちろんのこと、著者本人の実体験や、著者がアドバイスした多くの成功事例に基づいた内容のため、最初の1冊にオススメです。

著者の実体験に基づいて書かれているため、不動産投資を始めてみたいけれど、うまくいくかどうか不安、という人や、不動産投資は始めたけれど、うまくいかない、という人など、不動産投資で困っている人におすすめの一冊です

2020年東京五輪とアベノミクスバブルで100年に一度のチャンス到来!Q&A方式で初心者の知りたいことがすべてわかる!日本一やさしい「超」入門書。

「不動産投資1年目の教科書」というタイトルの通り、不動産投資が初めての人向けの本といえます。不動産投資ではリスクも抱えることになりますが、それに対してどのように対応するか、という点について書かれており、リスクの対応方法を知ることができます。

「みなさん、富裕層を目指しましょう!」なんて大それたことは言いません。でも10年後に無借金で、本業とは別に収入が、年に例えば300万円でも500万円でもあればいいと思いませんか?本書では、所得の決して多くない人が、300万円の自己資金から不動産投資を始めて家賃年収1000万円を得る方法をお教えします。

著者は、「富裕層を目指す必要はない」と述べ、はじめは「築古」の資産価値300万円の物件で十分であり、最終的に可処分資産数千万円を目指しましょう、と述べています。

資産を持つ者と持たざる者の格差社会へ突入。不動産投資で老後までに資産をつくる方法を丁寧に解説。空き家不動産投資は今がチャンス!誰でも金持ち大家になれるノウハウが満載!利回り試算から成功事例まで具体的に解説。日本中でこれからますます増える古い空き家が、高利回り物件に変わる!

日本では、空き家の増加が問題となっています。しかし、少額で空き家を購入し、リフォームすることで家の価値を高め、お宝の賃貸物件とすることが可能となります。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR