株式分析の基本!財務諸表の基礎知識について

株式を購入するときあなたはどんな基準で銘柄を選んでいますか?

上場企業では最低でも年に一回会社の経営成績や財政状態を開示することになっています。それら公開されるデータをまとめて「財務諸表」と呼んでいます。

今回は、財務諸表の基礎知識についてご説明します。

■企業の健康診断書

財務諸表とは、企業の状態を知るための健康診断書のようなものです。

企業が決算期になると、開示情報として発行します。

この財務諸表を読み解くことにより、企業が病気(不調)なのか?健康(好調)なのか?をチェックすることができます。

投資対象にできるのかどうかを判断する大きな材料となるので、ぜひ知っておきたい内容です。

■大きく3つに分かれる

財務諸表というのは、大きく分けて3つの決算書からなります。

「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」です。

この3つの財務諸表を総称して、財務三表と言われています。

貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)について

貸借対照表というのは、「会社が事業資金をどうやって集めて、どのような形で保有をしているかを表すもの」です。

バランスシート(B/S)とも呼ばれていて、“資産” “負債(借金)” “資本(自己資金)”の3つに分けられます。

事業資金をどうやって集めたかを、負債・資本で表し、どのような形で保有しているかを資産で表します。

*『資産=負債+資本』の関係が成り立っています。

損益計算書(そんえきけいさんしょ)について

損益計算書というのは、「期間ごとの経営成績(もうけ具合)を表すもの」です。

プロフィット・アンド・ロス(P/L)とも呼ばれていて、売上高と5つの利益から成り立っています。

5つの利益とは、売上総利益、営業利益、経常利益、税引き前当期利益、当期利益であり、最終的に当期利益が会社の純利益となります。

*ここがマイナスであれば、赤字になります。

キャッシュフロー計算書について

キャッシュフロー計算書というのは、『現金や預金などのお金の流れで会社の実態を表すもの』です。

CF(キャッシュフロー)と表すこともあります。

営業活動・投資活動・財務活動の3つの部分から成り立っています。

■営業活動

営業活動は、販売や仕入れなど、本業に関わる活動をしています。

■投資活動

投資活動は、工場や機械などの固定資産の購入・売却などの活動をしています。

■財務活動

財務活動は、借入や株式発行など、資金調達・返済の活動のことを言います。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は、財務諸表の基礎知識についてご説明しました。

財務諸表にすこしづつ慣れ、会社の経営の良し悪しを判断できるようになりましょう。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR