今話題のふるさと納税とは一体!?ふるさと納税を利用する意味と対象物!

御存じのとおり、「ふるさと納税」が人気です。2008年から開始された「ふるさと納税」については、テレビやニュースで何回も見たことがあるけど実際まだ、まだ試してみたことはないという人も多いのではないでしょうか。内容について、その意義も含めてご説明致します。

I0000255

「納税」という言葉がついているふるさと納税。実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。
引用元:総務省 ふるさと納税ポータルサイト よくわかるふるさと納税

ふるさと納税とは簡単に言うと、寄付した自治体から証明書とその自治体の特産品がもらえてしまうのです。そのうえ、納税した2,000円を除いてすべて、税金控除でキャッシュバックされるというから驚きです。みんなが騒ぐのもわかりますね。

お得なことばかりが注目されていますが、本来の意味も振り返ってみましょう。ここには、ふるさと納税で日本を元気にしたいという思いがあります。その三つの大きな意義を見てみましょう。
第一に、納税者が寄附先を選択する制度であり、選択するからこそ、その使われ方を考えるきっかけとなる制度であること。
それは、税に対する意識が高まり、納税の大切さを自分ごととしてとらえる貴重な機会になります。

第二に、生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域に、これから応援したい地域へも力になれる制度であること。
それは、人を育て、自然を守る、地方の環境を育む支援になります。

第三に、自治体が国民に取組をアピールすることでふるさと納税を呼びかけ、自治体間の競争が進むこと。
それは、選んでもらうに相応しい、地域のあり方をあらためて考えるきっかけへとつながります。

引用元:総務省 ふるさと納税ポータルサイト

そんな願いから生まれた「ふるさと納税」の地方活性化を目指すためのそれぞれの地方の魅力的な特産品について見て見ましょう。

2014年度の人気の特産物とは?

「ふるさとチョイス調べ」による2014年度、自治体寄付金額別人気ランキングの5位までをご紹介致します。

第1位 長崎県平戸市 1,462,726,582円

特産品:寄付金額のポイント数によって選べる海鮮。平戸ほんまぐろやウチワエビ、高額の場合、平戸での結婚式なども含まれています。

第2位  佐賀県玄海町 1,066,629,652円

特産品:寄付金額のポイント数によって選べる「山の幸」「海の幸」など、高級和牛佐賀牛のシャトーブリアンもあります。

第3位  北海道上士幌町 974,753,618円

特産品:ジャムやアイスクリームの他にも十勝ナイタイ和牛があります。

第4位  宮崎県綾町 943,977,930円

特産品:宮崎特産のヒュウガナツやマンゴー、そして宮崎牛ステーキもあります。

第5位 山形県天童市 780,874,582円

特産品:山形名産のぶどうやそばや米、人気商品として天童牛肩ロースがあります。

引用元:ふるさと納税 ポータブルサイト ふるさとチョイス

どうやら、皆さんの名産物のお目当ては、高級肉や海鮮などのようですね。納税者にとって、いつもは滅多に口にできない地方の高級特産物が実質2,000円で手に入るのはうれしいものですよね。

そんな、ふるさと納税ですが、平成27年度税制改正でより便利になりました。

2015年度「ふるさと納税」はどう変わったの?

税制改正の内容は以下です。
①全額控除されるふるさと納税枠が、約2倍に拡充されました。
②ふるさと納税を行う自治体の数が5団体以内であれば、控除に必要な確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まりました。

引用元:総務省ポータルサイト ふるさと納税 制度改正について

このように、「ふるさと納税」は、これからもますます身近に、ますます便利になるようです。
お得で、地方にも貢献できる「ふるさと納税」、ぜひ試されてみてはいかがですか。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR