簡単にわかる投資信託の始め方

投資信託は、初心者向けの投資方法といえます。そこで、早速始めてみたい投資信託、どのようにして始めれば良いのでしょうか? 投資信託の始め方をわかりやすくまとめました。

I0000238

投資信託の始め方まとめ

投資信託とは?

投資信託(ファンド)とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用のプロであるファンドマネージャーが株式や債券などに投資・運用しその運用の成果として生まれた利益を皆さんに還元するという金融商品です。

株やFXは自分でまとまった資金を用意して、投資先を自分で考える必要があります。しかし、投資の初心者にとって、それはなかなか難しいもの。そこで、少額の投資資金をプロに預け、まとまった資金をプロが運用する投資方法が投資信託です。

投資方針を考える

すぐに使う予定のあるお金はリスクが低めのもの、長期で運用できるものは少しリスクが高めのものへ投資するというのが一般的なスタイルです。投資に使うお金がどのくらいリスクをとれるのか、安定性と収益性のバランスを考えて選んでみてはいかがでしょうか。

リスクを抑えた安定的な投資方法か、リスクは高めでもリターンは大きい方が良いか、それによって投資信託を決めることができます。

元本は保証されないこと

購入した投資信託の資産価値が減少するなどのリスクに対する責任は、購入者(受益者)が負うことになります。 商品の内容をきちんと理解したうえで購入するようにしましょう。

投資の基本ですが、投資信託は株式や債券などに投資していることから元本の保証はなく、価値が下がる場合もあります。商品の内容をあらかじめ確認することが大切です。

投資信託の種類

投資信託の種類というと、真っ先に頭に浮かぶのが株式に投資する「株式投資信託」と債券に投資する「公社債投資信託」です。ただ、投資信託にはもっと多くの分類方法があって、その分類を知ることによって、その投資信託がどんな投資信託なのか、知ることができます。

投資信託は商品の種類が豊富ですが、「何に投資しているのか」を理解することが大切です。株式に投資するもの、国債や社債に投資するもの、不動産に投資しているもの、株式や債券などをバランス良く合わせたものなどいろいろあります。

投資信託の手数料

投資信託を買うときには、販売会社に手数料を支払いますが、このほかにも運用中にかかる費用や、売ったときに支払う費用などがあります。これらは投資信託によって異なることから、どのタイミングでどれだけの費用がかかるのかを確認しておきましょう。

投資信託を買うときにかかる費用は「販売手数料」、運用中にかかる費用は「信託報酬」、売ったときにかかる費用は「信託財産留保額」と呼びます。投資信託の運用利益を上げるためには投資信託のコストを低く抑えることがポイントです。

投資信託をどこで買うか

現在では、証券会社のほか、銀行、保険会社、郵便局、信用金庫・信用組合、農協など多くの金融機関で投資信託を買えるようになっています。

また買付方法も多様化しています。販売会社の店頭に行く(あるいは販売員に来てもらう)方法のほか、電話窓口(「コールセンター」と呼ばれる大規模な専門組織を持っている会社もあります)を利用する、さらに最近はインターネット取引も広がっています。

投資信託は、証券会社、銀行などで取り扱っていますが、最近はネット証券会社での取り扱いが増えています。ネット証券は経費を抑えられることから、手数料が安くなっています。

証券会社を選ぶ

証券口座選びで重要なのは自分の投資スタイルに合わせて選ぶこと。投資額によって手数料は各社違いますし、取扱商品・銘柄も様々。パソコン・スマホで投資するなら便利な取引ツールのある会社が良いですね。

投資信託を始めるためには、証券会社に証券口座の開設が必要です。手数料の安さ、チャートの見やすさなど、自分にとって使い勝手の良い証券会社を選びましょう。

投資の目的を明確にすることが大切

投資信託を始めるときに大切なのは、投資信託そのものを理解すること、そして、投資の目的を明確にしておくことが大切です。それらのことをおさえておくことで、投資信託選びがスムーズに進むことでしょう。なお、投資に関しては自己責任でお願いします。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR