始める前に見ておく投資信託のメリット・デメリット

投資信託は、株式やFXと比べると手軽に始めやすい投資であるといえます。しかし、金融商品に投資しているため、やはりリスクはつきものです。投資信託のメリットとデメリットについてまとめました。

i0000233

投資信託のメリット・デメリットまとめ

少額投資に向くも元本割れの場合あり

メリット:少額投資が可能

投資信託は、10,000円から投資が可能です。投信積立の場合だと、月々1,000円からとさらに少額からの取引が可能です。

投資にはまとまった資金が必要、というイメージがありますが、投資信託は1万円からの少額投資が可能で、しかも積立投資も可能です。コツコツと資産を増やしたい人に向いています。

デメリット:元本割れの可能性がある

金融市場で資産運用するのですから、当然リスクはつきものです。銀行預金と違ってペイオフの対象とはなっていません。元本を割っている損失を被っている投資信託を目にすることも珍しくありませんし、普通に見かけます。

投資信託は、株など他の資産運用と同様、元本割れする可能性があります。投資の際には元本割れリスクを頭に置きましょう。なお、一時的に投資信託が元本割れしていても、安い価格でコツコツと積み立てることによって、長い目で見た場合、資産が大きく増えている場合があります。

プロに任せることができる。ただし高コスト

メリット:投資のプロが運用する

投資信託では、みなさんが投資したお金を、運用のプロ(ファンドマネジャー)が運用します。投資先の銘柄の選択はもちろんのこと、リスク(値動きの幅)を減らすための組み合わせなど、個人で行おうとすると手間や時間がかかる作業をかわりに運用のプロが行ってくれます。

自分で投資しようとすると、どの銘柄が良いのかを考えるのに時間がかかってしまいますが、投資信託はプロが運用するので、効率的な資産運用ができます。

デメリット:各種のコストがかかる

まず、コストがかかる。投資信託は、運用のプロに任せて“投資”を行うため運用する人等に対して費用を払う必要が出てきます。費用には、「販売買付手数料」、「信託報酬」、「信託財産留保額」があります。

投資信託はプロに運用してもらう分、コストがかかります。投資信託を買う時にかかる「販売買付手数料」、投資信託を保有しているとかかる「信託報酬」、投資信託を契約途中で換金すると発生する「信託財産留保額」があります。販売手数料と信託報酬をいかに安くおさえるかがポイントです。

投資信託は商品の種類が豊富

メリット:個人では買えない金融商品の取引に参加できる

投資信託は、国内外の株式、不動産、債券など、多種多様な資産を組み込んでいます。専門的な知識が必要な発展途上国の株式や債券などを投資対象とした商品も数多くあります。個人ではなかなか参加できない金融商品に、小口で参加できてしまうのも投資信託の魅力のひとつです。

海外の株式や債券は、個人ではなかなか買うことができませんが、海外の株式や債券に投資している投資信託を買うことで、普段はなかなか買えない金融商品の取引に参加できます。

デメリット:どの商品を買えば良いのか分からない

現在、運用されている投資信託は約5,000本。その種類も実にさまざまです。そのような中から自分に合う投資信託を選ぶのはなかなか大変なことです。

投資信託は種類が多い反面、どの商品を買えば良いのかが悩みどころです。コツコツと積み立てしたいのか、それとも大きなリターンをねらいたいのか、投資の方針を定めると、目的に合った投資信託が見つかりやすいです。

為替相場の影響を回避できる

為替ヘッジのメリット

投資信託を保有する人にとって為替リスクは非常に頭の痛い問題です、為替ヘッジは、早い段階で為替先物予約をして、円転換レートを固定することでこの不安定なリスクを回避することができます。そうすれば後は、利回りと価格変動に気を付けていればいいのです。

海外の株式や債券を投資対象とした投資信託は、投資信託の価値以外にも為替相場の変動にも目を向ける必要があります。しかし、為替ヘッジありの投資信託を買えば、為替相場の変動を気にせず、投資信託の価値の変動に気を配るだけで十分です。

為替ヘッジのデメリット

為替ヘッジは保有する外債の円転換レートを固定化して為替リスクを軽減しようとするものです。このことはとりもなおさず、為替が有利に変動した時の利益を逃すということになります。

円高になると海外の投資信託の価値は下がりますが、逆に円安となった場合、海外の投資信託の価値は上がります。しかし、為替ヘッジありの商品を買った場合は、コストがかかる上に為替差益は得られません。

リスクを理解することで効率的な運用を

金融商品に投資する以上、リスクはつきものです。しかし、リスクを事前に理解しておくことで効率的に投資をすることができます。メリットとデメリットを理解した上で、投資信託を始めてみてはいかがでしょうか。なお、投資は自己責任でお願いします。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR