外貨預金、急な円安になったらどうすれば??外貨の運用で意識するポイントについて

外貨投資は、資産運用の1つとして人気があります。そのため最近では、外貨預金を保有している方も多いのではないでしょうか。

しかし、外貨預金してからしばらく円高の状態が続いていたところで、急な円安になってしまったらどうすればいいのでしょうか。外貨投資を初めてした方は、どうすればいいか迷うかもしれません。

今回は、円安の際の外貨預金の運用をどうすべきかについてのポイントをご紹介いたします。

PR
PR

外貨預金の運用ポイントについて

外貨預金の運用の際は、基本的には日本円に換えて使うときのことを考えておくことが良いでしょう。

■ポイント1.タイミングを見て円に換える

円安になったタイミングで、外貨を円に換えるようにします。

たとえば1ドル100円で買ったとして、それが1ドル120円になると円安となります。このとき、100円で買った1ドルを120円で売れば、20円の利益を得ることができます。

外貨を円に換えるなら、円安のタイミングを狙いましょう。

*外貨が安いとき(円高)に外貨を買い、外貨が高くなったら(円安)外貨を売りましょう。

■ポイント2.元本に注目する

円高になっても、利息や配当や値上がり益で円に換えたときの元本が増えていれば、それでよいと考えましょう。

■ポイント3.運用期間を長くする

運用期間は5年以上とることをおすすめします。為替相場には波があります。必ずとは言い切れませんが、長期間保有すればまた円安に戻る可能性もあります。

たとえば10年間を運用期間にしておけば、期間内に円安になることがあるでしょう。

おわりに

お金を積極的に増やすとき、タイミングが気になるかもしれません。とはいうものの、皆さんが普段取り組んでいる仕事や家事の日常の方が大事です。

お金を増やすというよりも、円安によるガソリン代などの値上げから身を守るような気持ちで、外国の通貨を持たれるのが良いと思われます。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR