初心者が先物を学ぶのに役立つ書籍10選

PR
PR

じっくり理解したいなら、やっぱり「本」

「商品先物についてしっかりと理解したい」、そんなときには本を読むことがおすすめです。本は順序立てて書かれていますし、図解も豊富なのでじっくりと理解することができます。商品先物に関する書籍をまとめました。

I0000209

商品先物に関する書籍一覧

商品先物についてマンガを読みながら理解を深めることができます。商品先物は「レバレッジ」があるためにマイナスのイメージがありますが、マンガでは「レバレッジの正しい理解が大切」と説いています。

難しく感じがちな商品先物取引ですが、図やグラフがふんだんに使われているので、とてもわかりやすい一冊です。特に初心者に最適です。

「商品先物は難しい」というイメージがありますが、この本では、先物取引におけるそれぞれの商品は、季節変動や経済情勢に素直に反応するので株やFXよりわかりやすい、と説明しています。

マネー誌Zaiの「商品先物取引」入門シリーズ、チャート分析編です。投資でおなじみの「移動平均線」を読みこなすことが大切、それによって、相場の状況を理解できるようになるでしょう。

商品先物取引の会社に勤務していた著者が商品先物についてわかりやすく説明しています。商品先物に関する基本的なことをカバーしているので、この本でじっくり理解すると良いでしょう。

図や表を用いて商品先物をわかりやすく解説しているほか、商品先物の難解な用語の解説もわかりやすいです。先物取引は初めて、という人におすすめの本です。

テクニカル分析や「サヤ」の説明、各商品についての説明など、難しく感じてしまう内容も、興味深く読み進めることができる一冊です。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR