日本にある金融機関とそれぞれの機関の特徴

PR
PR

日本の銀行いくつ知っていますか?

日本に住んでいる多くの人は、各人の利益や用途などで選んだ銀行を利用していると思われます。

でも自分が利用している銀行以外は知らない人が多いのではないでしょうか。このような理由で今回は日本にあるさまざまな銀行の種類と特色を調べてご紹介いたします。

引用元:Wikipedia 日本の銀行一覧

i0000153

国内にある数多くの銀行とその特色

まず銀行を大きく分けると【地方銀行】【都市銀行】【信託銀行】、そして【新形態の銀行】などに区別されています。

【都市銀行】には三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などがあります。

都市銀行は全国に支店を設置し国内全域で金融サービスを実施しているので、消費者は数多く置かれている支店でサービスを利用することができるメリットがあります。

次に【地方銀行】は北海道から沖縄まで設置されており、各支局の管理範囲および管轄エリアに数多くの銀行があります。

地方銀行の特色として特定地帯に拠点を持ち、特定地方に深く関連するサービスを提供していますが、大きな金額の融資は扱っていない場合もあるようです。

【信託銀行】にはオリックス銀行や野村信託銀行などがあります。

信託銀行の特色は信託業務と銀行業務の両方を扱っていることです。信託業務では金銭の信託や、資産の管理また処分、株主の名簿を管理するなどの役割を担っています。

そして新体制の銀行には、楽天銀行やジャパンネット銀行などのネット銀行や、セブン銀行などの流通系があります。

ネット銀行は店舗を設置せず、インターネットによる取引を基盤として営業を行う銀行のことです。ネット銀行は取引の履歴照会はパソコンなどを利用して24時間いつでもウェブ上で確認することができるので、主婦や仕事で忙しい人に利用しやすいでしょう。

自身に適した銀行選びをしましょう

本当に日本国内には多様なタイプと特色を持った銀行が設置されてありますね。これから銀行に口座を開設する人は、目的や各銀行の特色および便利さ、未来性などを考慮して、自身に適した銀行選びをしていただきたいと思います。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR