経済学を学ぶ際に参考にしたい書籍一覧

PR
PR

経済に関する書籍はテーマが幅広い

「経済をもっと深く学びたい」、「身近なテーマで経済の理解を深めたい」、「意外なテーマから経済にアプローチしたい」、いろいろな声にお応えするために、幅広い分野から経済に関する本をまとめてみました。

I0000150

経済学に関する書籍一覧

「経済ニュースを見ても、理屈がよくわからない」、「経済学は、大学の時に勉強したはずなんだけど」、「知っておかないと恥ずかしいと思うけど、経済の教科書は結局よく理解できない」 、と感じているみなさんへ、木暮太一が贈る、経済入門書の決定版!!

ミクロ経済学やマクロ経済学を、豊富な事例を用いて、イラストでわかりやすく説明しています。身近な事例から経済学を理解できるので、「やっぱり経済は難しい」と思っている人におすすめです。

数字に強くなりたい、経済学を学びたいが、数学が苦手。そんな人のための、経済学・ビジネスの知識と数学をイッキに学べる本。ビジネスシーンで見かける事例とともに、数学は小学校の分数から解説。全ページYouTubeで解説つきの革新的な経済学入門書。

経済学には数学が付きもので、数学でつまずいてしまうケースもあります。しかし、この本では分数はもちろん、微分までわかりやすく説明されているので、経済の理解が深まります。

理論的に動いているつもりでも、実は感情で動いていることがヒトには数多くあり、それを利用してさまざまな商売が成り立っていたりするのです。本書では行動経済学とはなにかから、さまざまな経済心理の実例について、マンガでわかりやすく解説していきます。

「行動経済学ってなに?」という人におすすめです。経済は、人間の行動で成り立っていますが、感情で動いてしまう人間の行動にスポットを当てて、マンガで行動経済学を説明しています。

「円高・円安」「アベノミクス」「日経平均株価」「中国経済」「TPP」など、毎日のようにテレビや新聞、インターネットに踊る経済の事柄・問題をより一層理解するためのポイントをわかりやすくまとめ、経済ニュースを見たり読んだりする上での“虎の巻”になる一冊。

「わかりやすさ」と言えば、なんと言ってもこの一冊。「アベノミクス」や「TPP」など経済に関するキーワードをわかりやすくまとめています。イラストが豊富なので、手軽に読めます。

ピースの又吉直樹が経済学者たちに「経済とはなにか?」を教えてもらう、Eテレの人気番組「オイコノミア」を書籍化。 ゲームや携帯電話といった身近なツールから、結婚、就職など、人生の大事まで、経済を知れば人生はもっと楽しくなる!

テレビ番組が書籍化された本です。テレビ番組同様、「オイコノミア」の本にも身近な内容がふんだんに盛り込まれているので、経済の理解が進みます。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR