FXで摘発されてしまった有名人一覧

PR
PR

FXの利益は、確定申告が必要

FXは、場合によっては1000万単位、あるいは億を超える利益が発生する場合があります。利益も高額であれば、税金もまた高額ですが、FXの利益は確定申告を行わなければならず、しかも、脱税として摘発されるケースも見られます。FXの脱税で有名となってしまった人たちをまとめました。

I0000142

FXで脱税した人々

溝田耕治氏

2012年3月9日、脱税容疑で逮捕されたのはシンガポール在住の会社役員・溝田耕治氏(37歳)。溝田氏は2009年から2010年にFXで稼いだ所得、約3億6800万円を申告せず、約1億4000万円を脱税した容疑で逮捕された。

溝田氏は専務を務める会社の倉庫に複数のパソコンを設置、自動売買ソフトを使ってFX取引を繰り返し、3億円以上の利益を稼ぎ、2010年12月にシンガポールへ移住していた。

溝田氏には、1億円を超える税金の支払いが発生。納税を免れようとするためか、その年の12月にシンガポールへ移住します。しかし、日本に居住していた期間は日本に納税をする義務が発生するため、納税を免れることは不可能です。

磯貝清明氏

FXなどの所得約4億5000万円を隠したとして、東京国税局が非鉄スクラップ販売業の磯貝清明代表(31)を所得税法違反(脱税)容疑で東京地検に告発したことが1日、分かった。日経新聞が報じた。

磯貝氏の資産は、ピーク時には10億円に達し、六本木ヒルズでの生活を謳歌していましたが、所得税法違反で合わせて約2億8000万円の支払いが生じました。現在は、金属加工業を営みながら税金の支払いを続けています。

池辺雪子氏

FX取引で得た利益が3年間で約4億円あったと言われており、1億3千万円ほどの脱税を行った容疑で執行猶予付きの実刑判決を受けました。 執行猶予が付いたという事で服役はされていませんが、この時の経験を活かし今では様々な方面で活躍されているようです。

各地で行われているセミナーでは、投資のテクニックや、自らの経験を踏まえた上で納税の大切さについてもお話をされているとのことです。

約1億3000万円の脱税容疑で実刑判決となりましたが、その経験を活かして、本の出版やセミナーの開催など多方面で活躍しています。脱税は痛々しい出来事でしたが、それをバネとしています。

欲に踊らされすぎず、税金のことも考える

FXによる脱税は、人生において痛恨の出来事です。一度大金を手にすると「もっともうかる!」と考え、税金のことは頭の片隅にもなくなってしまいがちです。しかし、欲に踊らされることなく、FXで高額の利益が発生した時には、税務署に問い合わせるか、自分自身で調べるなどして、税金対策も行うようにしましょう。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR