失業保険料はいくらもらえるの?計算の仕方をご紹介!

失業した時に気になるのが、失業保険料の金額。収入がない期間に生活していく上での大切なお金となります。

そのためにも、失業保険料はいくらもらえるか確認しておきたいところ!

今回は、失業保険料の金額の計算の仕方をご紹介いたします。

・退職した直前の過去半年間の給料(税金や社会保険料を差し引く前の金額)

こちらを確認しておきましょう。こちらは、退職してからもらう離職票に記載してあります。

失業保険料の基本の計算式について

金額を出す際に使う計算式は、以下になります。

・半年間の給料の合計÷180日(半年間)=日給

・日給×給付率(0.5~0.8)=1日あたりの給付額

・1日あたりの給付額×もらえる日数=もらえる合計金額

給付率ともらえる日数については、次に説明します。

給付率について

給付率は退職時の年齢と日給によって変わります。
簡単にいうと、給付率は給料が高かった人ほど低くなり、給料が低かった人ほど高くなります。

■30才未満の場合

・日給2,320円以上4,640円未満・・・給付率は、0.8

・日給4,640円以上11,740円以下・・・給付率は、※約0.5~0.8

・日給11,740円超12,880円以下・・・給付率は、0.5

・日給12,880円超・・・給付率は関係なく、1日あたりの給付額は上限の6,440円です。

■30才以上45才未満の場合

・日給2,320円以上4,640円未満・・・給付率は、0.8

・日給4,640円以上11,740円以下・・・給付率は、※約0.5~0.8

・日給11,740円超14,310円以下・・・給付率は、0.5

・日給14,310円超・・・給付率は関係なく、1日あたりの給付額は上限の7,155円です。

※日給4,640円以上11,740円以下の給付率ですが、計算式が複雑なので省略してます。だいたいの数値を前後の金額から予想して計算してみてください。

簡単に申しますと、給付率はもらっていた給料が高ければ0.5くらいになりますし、逆に低ければ0.8近くになります。

もらえる日数について

もらえる日数は働いていた期間で変わります。

・1年以上5年未満・・・90日

・5年以上10年未満・・・90日

・10年以上20年未満・・・120日

・20年以上・・・150日

*働いていた期間が、1年未満だともらえない可能性が高いです。

失業保険料の金額の計算例

25才で3年間勤務、半年間の給料の合計が120万円の場合、上の式にあてはめると

・日給(=半年間の給料の合計÷180日(半年間))

1,200,000÷180=約6,600

・1日あたりの給付額(=日給×給付率(0.5~0.8))

約6,600×約0.7=約4,620

・もらえる合計金額(=1日あたりの給付額×もらえる日数)

約4,620×90日=約415,800

失業保険料予想額は、約418,500円となります。

実際にもらえる金額は退職理由に応じても変化するので、計算結果は給付額のあくまでも目安としてください。

今回の計算式は平成24年8月1日現在の厚生労働省のページをもとにしています。

失業保険料をしっかり確認しておきましょう

いかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが、失業保険料は、収入がない期間の大切なお金となります。しっかり確認し、今後の生活に備えましょう。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR