経験者もトレードを行う上で参考にしたい!いろいろなトレード方法と種類!!

短期的にトレードを行うデイトレードから、長期的な長期保有トレードなど、トレードにも様々種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあり、トレードを行う目的や方法も大きく異なります。

これからトレードに挑戦する方も、すでに始めている経験者の方も、自分のスタイルにあったトレード方法をすることが、成功の第一歩になるのではないでしょうか。

I0000130
PR
PR

デイトレード

一日の中で、トレードを完結させることが出来る、短期的なトレード方法。常に価格の変動を監視しながら行うトレード方法なので、急な価格の変動にも柔軟に対応することが出来ます。

しかし、常に価格の変動を監視しなければいけないので、時間があるときにしか出来ない取引方法です。休日に行ったり、トレーダーとして生計を立てる場合に有効なトレード方法です。

スキャルピング

デイトレードの中でも、より短期的なトレードを行うトレード方法です。ほんの少しの価格の値上がりにも敏感に反応することで、少量ながら勝率を上げるのに適しています。

数分で完結させる取引が主流になるので、一度の利益が少ないことと、完結までの時間が短いので、少しも目を離すことが出来ないので、取引中は自由な時間が一切無いのがデメリットです。

スイングトレード

2日から2週間程度で完結させるスタイルのトレード方法です。銘柄の企業の成長などをあまり気にせずに、日ごろから起こる小さな価格変動に注目したトレード方法。

株取引などで、一番楽しめるトレード方法とされています。日ごろからニュースなどをチェックして、景気などを把握しておく必要があります。

また、長期的な取引ではないものの、取引時間外の事象によって価格が大きく変わってしまうこともあるので、リスク管理が重要になります。

ポジショントレード

数ヶ月単位で取引をするスタイルのトレード方法です。グロース投資などもこのトレード方法に分類されます。

数ヶ月単位の取引になるので、今後成長が見込める企業の銘柄などで利益を出していきます。大きな利益を求めるトレード方法になるので、投資をする前にある程度の損失を予想しておく必要があります。

どこまでの損失が出る可能性があるのかをしっかりと考える必要があるのと、それなりの資金力が必要になります。

長期保有

トレードの種類の中では、もっとも長期的なスタイルで行うトレード方法で、数年単位で行います。貯蓄のようなスタイルで行う、もっとも資産運用に近い形のトレード方法だと言えます。

市場に出たばかりのこれから伸びるであろう企業に、大量に投資を行い、長期的にその価格の変動を見ていくスタイルで、一昔前に日本で主流になっていたトレード方法です。

一般的には投資家と呼ばれる資産家が多く行うトレード方法なので、それなりの資金力とリスク管理能力が必要になります。

バリュー株投資

長期保有取引にも似ているトレード方法です。このトレード方法は、本来よりも安くなっている銘柄を仕入れて、本来の価格まで上がったところで売るというスタイルです。

なので、トレードが完結するまでの期間を想定しにくい点があります。長期的な保有になるのか、短期的な保有になるのかの見通しが付き辛いので、注意が必要です。

株価の相場をしっかりと調べておけば、せどり取引などと同じようにして行うことが出来るので、比較的挑戦しやすいトレード方法でもあります。

まとめ

トレード方法により、リスクの大きさも大きく変わります。自分の資金力にあったトレード方法を選ぶのはもちろんですが、生活のスタイルにしっかりとあったトレード方法を選ばないと、思わぬリスクを背負う場合もあるので注意が必要ですね。

トレーダーとして生計を立てるのか、資産運用としてトレードを行うのかによっても選ぶトレード方法は大きく変わりますね。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR