国民健康保険とは?国民健康保険の基礎知識

日本は「国民皆保険」として、国民みんなが保険に入り、医療保険を受けられる制度があります。そのため、国民みんなが、風邪やケガなどで病院に行った場合でも、高額な治療費を払わずに治療を受けることができます。

今回は、病気やケガがあっても安心して治療を受けられる制度「国民健康保険」についてご説明します。

国民健康保険とは、国民が納税した保険料を治療の費用などにあて、傷病者の負担を軽くする医療保険制度です。加入者は所得に応じた保険料を支払います。

また、出産や死亡のときには、給付金が支給されます。この給付金を「保険給付」といいます。

医療費の一部負担金

病院で「保険証」を提出すれば、医療費の一部負担金を支払うだけで、治療を受けられます。残りの医療費は、国民健康保険が負担します。

*70歳以上の方は「高齢者受給証」も必要です。

以下のように、医療費の一部負担金の割合は決まっています。

・70歳~74歳の方

一部負担割合は、2割。国保負担割合は、8割。

・70歳~74歳(一定以上所得者)

一部負担割合は、3割。国保負担割合は、7割。

・義務教育就学後~69歳

一部負担割合は、3割。国保負担割合は、7割。

・義務教育就学前

一部負担割合は、2割。国保負担割合は、8割。

70歳~74歳の一定以上所得者の方

同じ世帯に課税標準額145万円以上の所得がある70歳以上の方がいる場合は、負担割合が3割となります。

ただし、70歳以上の人の収入が、2人以上なら合計520万円未満、1人なら合計383万円未満であることを申請すれば、2割負担となります。

保険証が使えない場合

以下の場合、保険証が使えません。

・健康診断や予防注射

・正常分娩

・美容整形

・差額ベッド代

・闘争、泥酔、不行跡による傷病

・労働者災害補償保険法などに適用となる傷病

「療養費」はあとで申請し、払い戻しを受けることもできます

健康保険を取り扱っていない医療機関で治療を受けた場合や、保険証を忘れた場合など、保険が効かず全額自己負担になる場合があります。

しかし、所定の認められた場合だと、療養費としてあとから払い戻しを受けることもできます。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR