どれがオススメ?配当回数が多い株・銘柄一覧

株といえば、売買差益による利益がメインですが、配当金の収入も見逃せません。年2回配当の企業が多いですが、中には年4回配当の企業もあります。配当の多い銘柄をピックアップしました。

I0000121

四半期配当の銘柄

あおぞら銀行(8304)

旧日債銀。不動産融資と個人・法人向け金融商品販売が柱。公的資金は完済へ。四半期配当

15年3月期決算は純利益が前期比3.2%増の436億円、また、15年6月29日までに公的資金を全額返済すると発表しました。配当性向は年々上昇傾向です。

GMOインターネット(9449)

「インターネットの便利さ、楽しさ、可能性を、一人でも多くのかたに届けたい」という強い思いの元、GMOインターネットは、1995年以来インターネットに関するさまざまな商材やサービスをお届けしています。

「すべての人にインターネット」が企業理念です。インターネットインフラ事業、インターネット広告・メディア事業、インターネット証券事業、モバイルエンターテイメント事業の4つの事業領域で展開中です。

日立工機(6581)

ユーザーニーズに適合したイノベイティブで、高性能、高品質、かつ顧客満足度の高い製品およびサービスの提供を通じて社会に貢献することを経営の基本方針とし、グローバル企業として、電動工具等の事業をワールドワイドに展開しています。

日立製作所の子会社で、電動工具大手です。電動ドライバーを始めとする電動工具のほかにも、遠心機や真空ポンプなどの生産も行っています。

ホンダ(7267)

4輪世界8位で北米が収益源。2輪は世界首位。環境技術に強み。世界6極体制。四半期配当。

本田宗一郎氏が創業した企業で、オートバイ、自動車で有名です。「社長は技術者出身であるべき」との言葉が守られており、歴代の社長は技術者出身です。物作りに対する意気込みが感じられます。

ホギメディカル(3593)

医療施設の経営合理化と患者および医療スタッフの安全に寄与する製品の開発・供給をしております。当社は医療施設に直接営業を行い、医療現場の声にきめ細かく対応しております。

医療用不織布で首位の企業です。医療従事者向けはもちろんのこと、一般家庭用向けには、病院でお医者さんも使っている高性能マスク、「ホギメディカルマスク」を販売しています。

リンクアンドモチベーション(2170)

人事・採用・IR戦略など経営コンサルが主柱。PC・資格取得教室や法人向け語学研修事業も。

企業コンサルティングといえば、資金面や戦略面からアプローチすることが多いですが、「社員のモチベーションを成長エンジンとする経営が時代を制する」との考えから、「モチベーション」重視のコンサルティングを展開しています。

年2回配当で高配当銘柄

NTTドコモ(9437)

携帯電話契約数が約6,310万契約で、国内の携帯電話市場における市場占有率は1位(2014年3月末現在)、第三世代携帯電話契約数のうちLTEサービスである「Xi」は約2,196万契約(2014年3月末現在)。

2015年3月期の配当は65円(予想)、2016年3月期の配当は70円(予想)となっています。年々配当額が上昇している点は注目です。

三協フロンテア(9639)

仮設ハウスのレンタル、販売でトップクラス。中国・広州に部材工場。中期で配当性向35%メド。

ユニットハウスやトランクルームなど建設用設備器材の製造販売を行っています。公共工事の増加や震災復興需要で販売が伸びており、業績は堅調です。

京都きもの友禅(7615)

振り袖を軸に着物を直営店で小売り。現金仕入れで低価格実現。既存顧客の「友の会」も強み

京都きもの友禅は、振り袖販売シェアがトップクラスの企業です。同社は、株主還元として、安定的かつ継続的な配当を重視していることから、15年3月期の配当性向は120%台の高水準となっています。

太陽ホールディングス(4626)

携帯電話やパソコンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電子機器など、あらゆるエレクトロニクス製品に利用されるプリント配線板に欠かせないソルダーレジストで世界シェア約60%を誇る化学メーカーです。

ソルダーレジストとは、プリント配線板の表面を覆って回路を保護する絶縁膜となるインキです。車載やスマホ向けの高機能品で販売が伸びており、業績は好調です。

「株主還元」で高配当を出す企業も!

株の配当金は、業績が好調な企業ほど利回りが高くなる傾向がありますが、中には、株主に対する還元、という意味合いで配当金を支払う企業もあります。高配当の企業をチェックして、投資をしてみてはいかがでしょうか。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR