公的年金と私的年金について

公的年金と私的年金と聞いて、すぐに分かりますでしょうか?

「年金に種類があるの?」

そんな方も多いはず!

将来受け取る年金は、とても大切なもの。しっかり理解しておきたいところです。

今回は、公的年金と私的年金についてご説明いたします。

PR
PR

公的年金の役割とは?

人間誰しも歳をとれば、若い頃のように働けなくなり、収入を得る力が、どんどん低下していきます。

そんな収入を得ることが出来なくなった老後でも、安心して暮らせるための社会的な仕組み。それが公的年金の役割です。

公的年金の種類について

公的年金の種類は3種類あり、その働き方により加入する年金が決まってきます。

国民年金・・・日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人

厚生年金・・・厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務する全ての人

共済年金・・・公務員・私立学校教職員など

*公的年金は日本国内に住所のあるすべての人が法律により加入を義務づけられています。

私的年金とは?

私的年金は、自分で加入を選択することができる年金です。公的年金への上乗せとして、個人年金保険などを利用し老後資金を準備します。

保険料の一部は、条件を満たすと生命保険料控除や個人年金保険料控除として所得控除の対象とすることができます。

公的年金に比べて、私的年金の意味する範囲は広く、「国民年金基金」などの公的年金制度のもとに運営されるものから、個人年金保険など各保険会社が行うものまであります。

私的年金の種類

・国民年金基金
・厚生年金基金
・確定給付年金
・確定拠出年金
・共済年金の職域加算
・適格退職年金(2012年3月末廃止)
・財形年金貯蓄
・個人年金保険など各保険会社が取り扱うもの
・独自の企業年金基金など各企業が運営するもの(企業年金)

*詳しくは、FPなどの専門家にご相談下さい。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR