三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社の歴史

PR
PR

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社とは?

アメリカはNYに本社があり、歴史と由緒ある証券会社モルガン・スタンレー。
1970年代には日本に進出し、2010年に三菱UFJフィナンシャル・グループと提携。
日本において二社体制で運営される証券事業を運用する事に。
東京大手町にビルがある。社長は長岡孝氏である。

三菱UFJモルガン・スタンレーの歴史

・1970年
東京駐在員事務所を開設(外資系銀行のなかでも早い時期に日本進出)

・1984年
モルガン・スタンレー・インターナショナル・リミテッド 東京支店設立
日本初の東京取引証券所の正会員取得。外資系証券会社として展開
・1998年
株式会社モルガン・スタンレー・プロパティーズ・ジャパン設立
不動産など多彩な資産のマネジメント事業を展開

・2010年
三菱UFJフィナンシャル・グループとの証券合併によりさらに成長
日本で1300人以上の社員を誇り、外資系金融機関として業界を代表する存在に

多様な商品が魅力

大きく分けて投資信託、株式、債券、年金・保険がある。
特に投資信託は1万円から運用でき、専門家に相談しながら銘柄を決める事ができる。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR