株で損した有名人一覧と損得ランキング

PR
PR

短時間で大損失!スリルある株式投資

株式投資を継続されている方は、株価の値上がりや値下がりによって、個人差はあっても利益経験と損失体験の両方をお持ちの方が多いと思います。

今回は株式投資で損失を出してしまった有名人5名をご紹介いたします。成功例だけではなく失敗例を知ることも、今後の株式投資に役立つでしょう。

I0000065

株投資をしている有名人5名の失敗とは?

投資で利益を得たけど、一方で損失体験もしてしまった有名人5名をご紹介いたします。

「小倉優子」さんは、今後の将来に不安を持ち、株式投資を始めました。しかし世界同時不況によって、持っていた株の価値が3分の1まで減ってしまったそうです。

だが“景気を向上につなげるのは、未来への希望を持ちながら生活することだ”ということに気づいたそうです。

さらに小倉さんは、気持ちの良いエステ経験中、為替のレートが大幅に円高方向になってしまったことで、エステが終了した時には“強制ロスカット”発動を経験してしまいました。

小倉さんはこの時の失敗について、“ストップロス注文”をしておくべきだったと述べています。

キングオブコントで準優勝の好成績を残したお笑いトリオの「井村俊哉」氏も、株投資で高利益を獲得した経験がある一方で、損失経験もしている一人です。

井村氏は7年前の世界同時株安になった時、評論家の言ったことを信頼した結果、200万円の損失を出してしまいました。

井村氏は自身の投資戦略のスタイルを重視して、絶対にアナリストの予想はあてにしないと断言しています。

アベノミクスで成功して、推定5000万円を超える豪華な自宅を建てた「ボビー・オロゴン」氏ですが、たった2時間で100万円の損失を出した経験があるそうです。

高利益および損失も経験しいてるボビー・オロゴンは、アベノミクスを利用しようとする人へ“世界から見て日本の経済動向はわずか1割ほど。だから世界経済を重視していれば、日本のことも推測できる”とアドバイスしています。

元バレーボール日本代表選手として活躍し、現在タレントとして活動している「川合俊一」氏も、5月23日の株価大暴落の時には600万円ほどの損失を出した経験があります。

「眞鍋(まなべ)かをり」さんは株式投資を2004年頃から始めました。眞鍋さんはかなり株価が高い時期だったので、今振り返ると、時期的には良いとは言えず、銘柄も悪くはなかったと思うけど、もう少し後になって購入しておけば良かった、という思いを抱いています。

ご紹介した有名人の失敗体験のように、株投資には短時間で大損失をしてしまう恐い面もありますが、今後もスリルを楽しみながら株式投資を継続したい方は、ご紹介した有名人の失敗経験も参考にして、大きな利益を獲得されることを願います。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR