ルールが参考になるかもしれないギャンの「ギャンの価値ある28のルール」

PR
PR

生涯に渡り驚異的な勝率を誇ったウィリアム D. ギャン

ネット証券の普及やNISA制度の開始などにより、投資は身近な存在になりつつあります。大きくもうける人はごく僅かという厳しい世界ですが、過去に莫大な財産を手にした投資家による勝つためのルールや金言が数多く残されています。

i0000060

そんな賢人達の金言のなかから、独自の分析と厳正なルールに従った投資法で生涯に渡り驚異的な勝率を誇ったウィリアム D. ギャンによるトレードルール「ギャンの価値ある28のルール」をご紹介いたします。

ギャンの価値ある28のルール

(1)、一回の取引で、資金の10分の1以上を投じない

大切なのは上限を設けて、いかなる場合でも必ずそれを守るという事のようです。

相場は突然暴落することもあります。いざという時のための備えが必要です。

1のルールにも関連すると思います。調子がいい時などはついルールを破ってしまいたくなるもの。しかし、1回の失敗が大きな損失を招くこともあります。

(4)、一定の含み益ができたら、ストップ・ロス・オーダーの指値を引き上げて利益を守る。

トレーリングストップとも言われます。一度出た利益は損失に変わらないようにしなければなりません。

(5)、相場のトレンドに逆らわない。トレンドに確信が持てない時には投資しない。

逆張りの否定。しかし、長期的な視点でトレンドを捉えることも大切かもしれませんね。

(6)、疑わしい時は手仕舞い、取引をしない。

迷いがあるときや自信がないときは撤退するのが正しい選択のようです。

(7)、活発に取引されている銘柄(市場)のみを取引する。

活気のない市場は、テクニカルな読みが通用しにくいこともあるようです。

(8)、4、5つの銘柄に均等分散して投資する。

出典:【株・FXで悩んだら】運用ルールを見直そう(ギャンの28ルール) – NAVER まとめ

複数の銘柄への分散投資もリスク回避の基本の一つですが、分散しすぎてもダメということのようです。

(9)、成り行きで売買する。指値をしてはならない。

指値注文を禁止するこのルールは、なかなか守るのが難しそうですが、ギャンは常に実際の相場の動きを見ながら投資をすることを推奨しています。

手仕舞いもルールに従って行う必要があるようです。ストップロスの利用を勧めています。

(11)、大きく儲けた時は、利益の一部を温存する。

勝ち続けるためには慎重な姿勢がなにより重要のようです。いざという時に備えて利益の一部を温存することで、気持ちに余裕が生れます。

(12)、配当目当てで株を買わない。また、小掬い商いをしない。

スキャルピングの禁止です。十分な市場研究を行い、大きな利益を狙って勝負すべしということでしょうか。

トレンドに逆らう手法である難平は、大きな損をする可能性があります。ギャンは「ナンピンはトレーダーの最大の誤り」とまで言っています。「下手なナンピン素寒貧」という格言もあるようです。

(14)、我慢できないというだけで手仕舞わない。待ちきれなくなったというだけで相場に入らない。

長期的に利益を得るためには、忍耐力が必要な場面もあると思います。

投資の基本といってもいいと思います。損失の回避については、さまざまな角度からルールとして規定されています。

(16)、建玉と同時にストップ・ロス・オーダーを出し、決してキャンセルしてはならない。

ストップロスについてはルール2、4などでも定めれらています。投資家にとって必須のテクニックのようです。

相場の状況によるかもしれませんが、回数が過度に多い売買は利益につながりにくいとギャンは主張しているようです。

(18)、空売りを避けてはいけない。

出典:【株・FXで悩んだら】運用ルールを見直そう(ギャンの28ルール) – NAVER まとめ

相場やトレンドの状況に応じ、ロング(買い)とショート(売る)を臨機応変に使い分けることが利益の最大化につながります。

(19)、安いというだけで買ってはならない。高いというだけで売ってはならない。

値頃感を信用すべきではないと言っています。客観的な分析やルールに基づいた売買を行うことが大切です。

(20)、買い増しは、商いが活況となり抵抗線を抜けるまで待つ。売り増しは支持線を割るまで待つ。

タイミングというのも、考慮すべき重要な要素の一つです。トレンドがはっきりするまで待つことが重要です。

(21)、買い増しは発行済株式数の少ない銘柄を選ぶ。売り増しは、発行済株式数の多い銘柄を選ぶ。

20に引き続き、ピラミッディングについてのルールです。売り増し・買い増しする際は強いトレンドを選びましょう。

ギャンは読みが外れた場合は黙って損失を受け入れて、次の機会を待つべきだと主張しています。

(23)、十分な理由なしにポジションを変えない。

あらかじめ決めておいたルールや根拠に従うべきということでしょうか。

(24)、長く儲けることができた後で、投資金額を増やしてはならない。

調子が良い時こそ、思わぬ損を被らないように気を付ける必要があります。

(25)、相場の天井・大底を当てようとしてはならない。

ギャンは相場の天・底を憶測で判断することを禁じています。トレンドが示してくれる方向性とルールを信頼すべきということでしょうか。

(26)、自分よりも相場を知らない人のアドバイスに従ってはならない。

価値ある情報かどうかを見極めることも大切です。自分自身で研究し、慎重に判断するのが一番いいということですね。

(27)、損失を出した後は、投資金額を減らす。

「取り返したい」という気持ちが強すぎると、無理な投資をしてさらに損失が拡大する可能性があります。

(28)、間違えて相場に入るのを避けるのと同じく、間違えて手仕舞うことも避ける。

出典:【株・FXで悩んだら】運用ルールを見直そう(ギャンの28ルール) – NAVER まとめ

手仕舞いについては、ルール10などにも定められています。特に利益が出ている時こそ、成り行きで手仕舞いするのは避けなければいけないみたいです。

いかがでしたでしょうか?ギャンは商品相場を得意としていたそうですが、この28のルールは株やFXなどの場合にも参考になるものが多いと思います。厳しい投資の世界で長期的に勝ち続けるには、リスクへの配慮が特に重要と言えそうです。

(画像はイメージです)

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR