これでもう簡単には騙されない!悪徳キャッシング業者の手口まとめ

PR
PR

キャッシングの悪徳業者には気をつけて

キャッシングを利用する際に注意しなければいけないのが、決して良心的な会社ばかりではなく、中には悪徳業者もあるということです。

I0000048

こういった業者は、お金を借りたいと思っている人の弱みにつけこんで、悪質な方法でキャッシングを利用させて法外な返済額を請求してくるケースが多いようです。

悪徳業者に引っかからないためにも、どのような業者があるのか知っておきましょう。

紹介者

まず紹介者と呼ばれるキャッシングの悪徳業者についてです。
キャッシングを申し込みに来た人に対して、自分のところでは融資ができないが、他の業者を紹介するといって高い仲介料を取るという悪徳業者です。

買取屋

他にも買取屋といって、クレジットカードについているキャッシング枠がいっぱいなので、ショッピング枠を買い取ってさらに利息を付けてキャッシングをさせるという会社もあります。

090金融

090金融というキャッシング会社を聞いたことがありますか?これはよく電信柱などに広告が貼られていることが多いので、見たことがある人もいると思います。
090と言えば携帯電話の番号ですが、この携帯電話の番号だけでお金を貸すというものです。

この場合、利息が高金利で一度借りると返済が不可能とも言われているので十分に注意しましょう。

キャッシングを利用する際には相手が悪徳業者ではないことを確認したうえで借入をしなければ近い将来返済できなくなる可能性もありますので気をつけましょう。

サラ金業者の悪質な手口とは

消費者金融から融資を受ける時は、できれば金利が安くて少しでも借りやすいところから利用したいと考える人が多いと思います。

消費者のそんな気持ちにつけこむような形で、悪質なサラ金業者は積極的に自分たちを利用させ、法外な儲けを得ようとします。

整理屋

中でも悪質なのは整理屋と呼ばれる業者です。多重債務者に対し、おとり広告を使い「債務を低利で整理します」などという文句で誘ってきます。

その結果、多重債務の整理を熱心に勧められ、悪徳弁護士をサラ金業者との間に立たせ、債務者には以前より少ない額で毎月の返済を求めてきます。

これは一見、返済が楽になったように思われますが、実際そのお金は、サラ金業者には支払われていないのです。
また、法外な手数料を整理手付け金として徴収されていることもあります。

闇金融

キャッシングに縁がない人でも、闇金融という言葉は聞いたことがあるはずです。
金融庁の無登録のまま融資をしている悪徳サラ金業者のことで、利息制限法や出資法の上限金利を大幅に超えた高金利で金を貸してきます。

悪質な業者による手口は実に様々なものがありますが、共通して言えるのは甘い誘い文句です。
あまりにも有利に思えるキャッチコピーには乗らないように気をつけましょう。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR