消費者金融と信販系のキャッシングの違いとは

PR
PR

消費者金融にはどんな種類があるの?

消費者金融と一言で言っても、たくさんのタイプがあります。解説していきますので、あなたに合った消費者金融選びの参考にしてくださいね。

I0000048

専業系消費者金融

消費者金融を専業としている企業のことで、一般に名を知られているものだけでも数多くありますが、中でも特にアイフル、アコム、三洋信販、武富士、プロミス、レイクの6つの企業をまとめて“大手6社”と呼びます。世に言う“消費者金融”はこの大手6社の中のどれかを指していることがほとんどです。

銀行系消費者金融

銀行と専業系消費者金融の合弁や提携によって生まれた消費者金融です。
消費者金融という呼び方に抵抗があるなら、こういった銀行系消費者金融がおすすめ。以前は利息の安さが魅力でしたが、最近では専業系との差は小さくなっています。

信販系消費者金融

クレジットカードを発行している信販会社やその子会社が経営する消費者金融です。

この他にはIT企業の子会社が運営しているIT系消費者金融や、外資系企業が深くかかわっている外資系消費者金融、これまでに挙げたどの系列にも属さない独立系消費者金融などがあります。

信販系のキャッシングとは

信販系のキャッシングは、いわゆる消費者金融でのキャッシングと、銀行系のキャッシングの真ん中の位置づけのキャッシングです。

実質年率や限度額の面、便利さから考えてもちょうどこの二つの間のキャッシングと言えます。また、信販系のキャッシングは、キャッシュディスペンサーもそこら中にたくさんありますし、ATMの機械もたくさんあるので、手軽にキャッシングできるのも魅力です。

信販系のキャッシングでは、クレジットカードを持っていればそのままキャッシングできるようになっているので、特に申込をしなくても、キャッシング可能です。クレジットカードからではなく、自分で一から申し込みをする場合は、信販系のキャッシングは、消費者金融のキャッシングに比べると申込の際の審査が厳しいといわれていますし、審査に時間がかかります。

信販系のキャッシングのほとんどの場合は返済は口座引き落としです。借りる場合にも街中いたるところにディスペンサーがあるので、比較的借りやすいキャッシングと言えるのではないでしょうか。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR