初めて銀行口座を作る方におすすめ!銀行口座の作り方教えます!

銀行口座を今まで持ってない方、また久しぶりに銀行口座を作るのに作り方を忘れてしまった方。

「いまさら聞けないし、どうすればいいの?」
そんな方に、口座を作るために必要なものや、やり方までお教えします!

・銀行口座はだれでも作れます

銀行口座は、15歳以上であればだれでも作れます。学生・無職の方でも大丈夫です。また未成年の方でも、保護者の付き添いは必要ありません。

また外国人の方は、身分証として「外国人登録証」をお持ちいただくと手続きがスムーズに進みます。

・口座開設にお金は必要か?

開設するためにお金は一切かかりません。手続きの際に入金用のお金を求められることががありますが、1円からで構いません。

1円ではちょっと…と思う方は、100円、1000円のお金を持って行くのをおすすめします。

・番外編「同じ銀行内で複数の口座は作ることは出来るの?」

こちら作ることは可能です。ちゃんとした理由があれば、同じ銀行支店でも作ることが出来ます。ただし、明らかに不審な作り方をしていると口座を止められる可能性がありますので注意して下さい。

口座開設に必要なもの

口座開設に開設に必要なものは、以下の3つになります。

1.身分証明証

以下のいずれか1つ、身分を証明できるものが必要です。

免許証
健康保険証
住民基本台帳カード(住基カード)
住民票の写し
学生証
パスポート

2.印鑑

こちらは実印でなくても大丈夫です。

3.お金

先ほどの項目でも記述したとおり、入金用として1円以上のお金を求められます。

以上の3つが必要になりますので、必ず銀行に行く前に、お忘れのないように気をつけて下さい。

銀行に行ったらどうすればいいの?またかかる時間は、どれくらい?

銀行に着きましたら、案内の係の方がいるはずです。その方に銀行口座を作りたいと伝えれば、あとは案内してくれます。

また作る際にやることは、書類の記入、講座の説明などです。

かかる時間は、だいたい案内され30分位かかります。銀行の込みやすい時間ですと、待ち時間がかなりかかる可能性がありますので、午前中の9~11時に行くことをお勧めします。

いかがでしょうか?初めての方は、いま一度必要なものを確認し、銀行の空いてる時間に行き、銀行口座をつくりましょう。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR