貯金がしたい!そんなあなたにお金が貯まる状況作り!!

こつこつ貯める苦手。そう思う方は、多いかと思われます。

「どうすればいいか?」
そんな方にお勧めするのは、強制的にお金が貯まる状況を作る方法です!

では、そのやり方をお教えしましょう!

お金が貯まる状況のやり方!

1.毎月の収入と支出を全て書きだす

現在の家計の収入と支出について全て書き出します。

2.貯金したい金額を決める

次に、毎月貯金したい金額を書き出します。

この時に、書き出す金額は、今、これくらい貯金できたらいいのにという金額にすること。ここがポイントです。その金額は、将来貯めたい金額から逆算して、今、これくらい貯金できたらいいのにという金額を書くことです。

収入の倍を貯金したいなど、漠然とした目標ではなく、貯金の目的から逆算した必要貯金額にしっかり決めることで貯金達成につながります。

例えば、来年こそ旅行に行きたい!と思ったら、今から毎月いくら貯めたら旅行代が貯まるか。と目標貯金額を決め、そして毎月の貯金額を決めることが重要です。

3.支出を4つの項目にわけ、上限金額を決める

毎月の支出を大きく4つにわけます。

◎生活費(住居費、食費、光熱費含む)

◎社会的費用(学費、交際費、保険、冠婚葬祭)

◎遊びのお金(衣服、旅行、外食など)

◎貯金したい金額

4つにわけたら、それぞれの金額を決めます。やり方は、収入から貯金額を引いて、残りを3つにわけていきます。

「月収が25万円で、毎月3万円貯金したい場合」

◎生活費・15万円

◎社会的費用・5万円

◎遊びのお金・2万円

◎貯金したい金額・3万円

4.毎月決まった金額をそれぞれの口座に振り込む

まず4つの口座を作ります。そして3で決めた金額を毎月、収入が入ったら4つの口座に振り込みます。

毎月、必ずその金額の範囲内で生活をします。

ここで、その金額設定が守れる自信がない!そんな方もいると思います。

重要なのは4つの口座にわけているところ。もしその月に遊ぶ予定があるので「遊びのお金」を増やしたいや、真夏でクーラーの電気代がかかり「生活費」を増やしたいとなった場合でも、そのお金を収入から4つに前もってわけることです。必ず4つにわけ、貯金額を作ることが大切です。

大切なのは強制的に貯めるお金を決めて、作ること!

今までの場合、多くの方は1つの口座からそれぞれの必要なお金を使っていたと思います。そしてついつい貯めようと思ってしまっても使ってします。

それを打破するための今回の4つの口座。各使うお金を4つの口座に割り振ることで、貯金したいお金には手を付けないようにすることが重要なのです。

お金を割り振ってしまえば、あとはそこから使うだけ。貯金をしたいけどと、お困りの方!あなたも、このやり方で貯金をはじめてみてはいかがでしょうか?

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR