株取引で有料でもチェックしておきたいサイト・メルマガまとめ

PR
PR

勝ち続ける人はチェックしている?!サイト&メルマガ

さまざまな方法で多角的な資産運用を図ることも当たり前となった今、株式投資を行っている方、関心のある方は少なくないでしょう。一方で、昨今の複雑化する市場の動きに上昇銘柄を見つけづらく、苦心されている方も多いでしょう。

投資のプロはどういった情報を入手し、どんなポイントに注目しているのか、取引をする者ならだれでも知りたいところですよね。そこで、一般の株式投資家に役立つ情報を入手できると評判の有料サイト・メルマガをまとめてみました。

I0000031

通常の当市場現企業や株情報サイトが10~20%の情報が多い中、仕手株ファイルでは主に【平均30%以上】の値動きが見込める情報を取り揃えております。

取り扱い株情報数業界トップを謳う「仕手株ファイル」です。無料・有料さまざまなメニューが用意されており、基準株価や値動き推測株価、最大値動き推測率、企業の関連情報などが入手できます。価格はポイント制で、1ポイントが100円です。ユーザーの多くが基準株価で指値注文、値動き推測株価の最安値でロスカット、最大値で売値注文を行っているとされています。

株ウィンが解析する勝利の方程式を、あなたのポートフォリオに。

出典:株ウィン

投資スタイルに合わせ、初心者からエキスパートまで使える豊富な情報プランを提供しています。アナリストレポートから相場チェックのポイント解説、無料相談など無償サービスもあり、有償のノーマルプランは1ヶ月(30日)で65,000円。長期契約で、よりお得に利用できます。

証券会社の中で22年間積み重ねてきた、おそらく証券ディーラーしか知り得ないことをマニュアル化しています。

少ない資金でも、簡単な銘柄選びによって株式投資で利益を伸ばせる方法を指南。ダウンロード価格は19,800円で、無料の株式情報メルマガ「山本伸一の【今日の伸びイチ!】」とのセット利用が人気です。

投資の達人たちによって長年培った情報力だからこそ得られる厳選された最新有力情報

出典:JSG

厳選の投資情報と出来高をロジックの中心に据えた分析で、各種指数や主要経済指標を絡めた、資金の流れの読み解きを案内します。無料で閲覧できる部分もあり、有料部分の価格は1ポイント100円です。

豊富な銘柄情報とアイディアで導く、株式投資の羅針盤

有料情報の入門としても人気の「トレーダーズ・ウェブ」による会員制オンライン投資情報サービスです。投資ツールやIPO情報も充実で、忙しくても安心して利用できます。価格は月額10,000円。半年、1年の契約でよりお得になります。

投資のプロが「買い」から「売り」までを完全サポート!

豊富な情報力と高度な解析力で、急騰寸前の最新プラチナ銘柄を配信することを謳うメルマガです。簡単な登録で利用を開始でき、基本は無料、有料部分は1ポイント100円の情報料が必要です。

投資判断に直結する有益な情報、ベテランアナリストによる分析を加えた推奨銘柄で投資をサポート

短中期投資家向けに1日15本の株式情報を提供する「総合コース」と、よりアクティブな取引を行う投資家向けの個別株売買タイミングを重視した「シグナルコース」があります。「総合コース」は1ヶ月12,000円、シグナルコースは1ヶ月6,000円です。

銘柄実績は、関東財務局に適正と評価されています

簡単に割安銘柄を見つけることができるアドバイスを入手できます。フルサポート型で6ヶ月66,000円から。割引キャンペーンを多数実施しているほか、さまざまなタイプの投資助言サービスが用意されています。

基本的に週次にて、直近2~3ヶ月を見据えた株式投資銘柄をご紹介するサーヴィスです

出典:http://stock-invincible.jp/

毎週3銘柄を目処に選定された期待銘柄を案内。ファンダメンタルを重視した中長期の分析を得意とする会社ながら、比較的短期で利益を確定できると見込まれる銘柄を、テクニカル面も重視して分析し、紹介しています。料金は1銘柄30,000円からで、複数銘柄になると割引があります。

短期も中長期でも30%から50%以上の投資リターンを目指します

個別銘柄情報を中心としたメルマガで、同内容の有料ブログもあります。月8回、14,040円で、上昇が期待できる銘柄の発掘情報が得られます。

活用しながら、自分なりの投資スタイルを

いかがでしたか。実績にも定評のある、人気の10サービスを紹介しましたが、いかに有益な情報を入手しても、それだけで確実に利益を上げられるわけではありません。

提供される情報を活用しながら、どう自分の投資スタイルに活かし、運用を行っていくかが重要です。情報に支払うコストも含め、無理のない範囲内で、冷静な判断に基づいた賢い運用を目指しましょう。

(画像はイメージです)

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR