企業や家計など最小単位の経済、ミクロ経済学に関する本一覧

PR
PR

ミクロ経済学とは?

経済学は「マクロ経済学」や「ミクロ経済学」など、多種多様にわたります。「ミクロ経済学」とは、「企業」や「家計」など、経済の最小単位のレベルから分析する経済学ですが、ミクロ経済学の知識を得るのに最適な本を紹介します。

I0000027

ミクロ経済学に関する本一覧

圧倒的な文章のわかりやすさ、図解による直観的な理解
、理論を裏付ける豊富な実例により、ミクロ経済学の基盤である、市場メカニズムがきちんと理解できる。ゲーム理論についてもバランスよく盛り込んだ、ミクロ経済学教科書の決定版。

多くのミクロ経済学の本の中で、この本はとてもわかりやすい本です。わかりやすい上に、読んでいるうちに高度な内容まで理解できる本です。

圧倒的なわかりやすさ!今までで一番簡単なミクロ経済学の教科書です。あの、大学生に一番読まれたミクロ経済学超入門書が大幅改訂。

タイトル通り、とてもわかりやすいミクロ経済学の本。ミクロ経済を始めて学ぶ人にとっては最適な本です。

経済学の攻略ポイントが見てすぐわかる!今までに1万人超の受講生を指導してきたカリスマ講師のオリジナル講義を再現!経済学入門書の決定版

数学は苦手、という人であっても、この本ではいろいろな事例を用いて説明しているので、理解しやすい本です。

「あのクソつまらないミクロ経済学が、こんなにおもしろく学べるなんて!」お笑いと経済学を両立した、ありそうでなかった最強の入門書、誕生!! 経済学に「ミクロ」とつくだけで、反射的に拒否反応を起こしてしまう。そんな「お堅い」印象のある「ミクロ経済学」のイメージをふっ飛ばしてくれるのが、この本だ。

「ミクロ経済学を学んでみたけれど、よく分からない」という人向け。マンガで説明されていることもあり、楽しみながらミクロ経済学を学べます。

著者は現役高校教師。自費出版したこの本の前身が大きな話題になった。それらとの違いは、内容構成を変えたこと、資料を新しいものにアップデートしたこと、文章をブラッシュアップしたこと。さらに最新の情報を取り入れて「アベノミクス」までをカバーした決定版であること。

基礎的な経済の語句はもちろんのこと、「アベノミクス」など、最新の経済情報を網羅しており、興味を持って読める本です。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR