今話題のピケティってどんな人?ピケティの人物像と思想

PR
PR

トマ・ピケティって誰?

フランスの経済学者であるトマ・ピケティ氏は、ベストセラー「21世紀の資本」で有名となりました。彼の人物像やその思想について、調べてみました。

 ピケティの略歴

・トマ・ピケティ
「トマ・ピケティ(Thomas Piketty、1971年5月7日 – )は、フランスの経済学者。クリシー出身。経済学博士。パリの高等師範学校の出身で、経済的不平等の専門家であり、特に歴史比較の観点からの研究を行っている。」

出典:トマ・ピケティ – Wikipedia

著書「21世紀の資本」が人気

21世紀の資本: トマ・ピケティ, 山形浩生, 守岡桜, 森本正史
「資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す」

つまりは、投資や資本などお金が生み出す収益率のほうが、労働の収益率より高いということです。

格差が拡大する?

日本でも格差は広がる―欧米で話題『21世紀の資本論』

トマ・ピケティ氏は、富裕層と貧困層の格差が拡大する現象が起きているという事実に着目しました。

アベノミクスとの関連性は?

トマ・ピケティ氏は、アベノミクスにより格差が拡大する恐れがあることを指摘しています。

いかがでしたでしょうか。彼の思想について興味がわいた方は、「21世紀の資本」を読んでみるのもよいかもしれませんね。ただし、彼の理論が必ずしも絶対というわけではないので、他の経済理論も調べて見ることで、自身の経済に対する知識がより深まることでしょう。

PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PR
PR